Take it easy

サッカーブログです。

Juego de Posición – A short explanation ”Juego de Posicion”の簡単な解説 翻訳

今回取り上げる記事は”Juego de Posicion”。

これはスペインの用語ですが、日本語に訳すると”ポジションのゲーム”つまり最近流行りのポジショナルプレーの元になった言葉です。

内容は”短い解説”とあるように簡単な説明です。

 

本文、画像は全て以下のサイトからの引用です。

spielverlagerung.com

spielverlagerung は雑誌で取り上げられる程の有名な

ドイツのサッカー戦術サイトです。

現役の指導者が執筆している事もあり、文章の質は大変高く評価されています。

 

 

以下 本文になります。

 

続きを読む

チーム分析 京都サンガ編

◆はじめに
チームを分析するにあたり基礎になる考え方があります。
サッカーは明確に攻守が分かれているわけでは無く、11人対11人がそれぞれどのように動くかの自由が与えられているために”複雑系”と表現されるスポーツです。カオスのなかでチームがどのようなコンセプトを持ち戦略をたて試合に臨んでいるのか。それを分析するために試合を4つの局面に分ける手法が使われています。

・攻撃(ボール保持)
・攻撃から守備への切り替え
・守備(非ボール保持)
・守備がら攻撃への切り替え
4つの局面は移行する順番が決まっていて、一つ飛ばしにしたり逆方向に遷移することはありません。
個々の局面においてチームがどのような振る舞いをしているのかを調べて組み合わせることでチームの全体像を浮かび上がらせる事が可能になります。

今回分析の対象としたのは京都サンガFCです。選手やチームの特徴を把握しているので分析もしやすいだろうという考えからです。
起用された選手、対戦相手との力量差、フォーメーションのかみ合わせなどはもちろん考慮しますが、チーム分析の目的はあくまで京都というチームがそれぞれの局面でどうふるまっているかを明らかにすることです。試合分析をするわけでは無いので対戦相手に焦点を当てたり勝敗に関係する得点失点の解説ではないということです。

分析対象にした試合は4試合で、フォーメーションは次のとおりです。
 
 
シーズン開幕して数試合ということでチームが固まっておらず選手の入れ替えやフォーメーションの変更などがありますが、基本は4バックで1トップか2トップのどちらかを採用するようです。
全体的な印象としては選手個々に見るべきものはありますが組織としては攻守両面において課題があり、改善の余地があるチームでしょう。


以下、攻撃、守備、攻撃から守備への切り替え、守備から攻撃への切り替えの4局面に加えて、試合の結果に直結するセットプレーにおいてチームがどのような振る舞いをしているのかを見ていきましょう。

続きを読む

Shakhtar Donetsk and Europe’s coolest 4-2-3-1 シャフタール・ドネツクの最も洗練された4−2−3−1 後編

シャフタール・ドネツクの4−2−3−1。
後編になります。

画像、原文は以下のサイトからの引用になります。
https://spielverlagerung.com/2018/02/19/shakhtar-team-analysis/

続きを読む

Shakhtar Donetsk and Europe’s coolest 4-2-3-1 シャフタール・ドネツクの最も洗練された4−2−3−1 前編

◆はじめに
今シーズンのヨーロッパで戦術面で特に注目されているチームがマンチェスターCとナポリです。
どちらのチームもポジショナルプレーを基盤に攻撃できで素晴らしいプレーをしているチームです。
ところがチャンピオンズリーグのグループリーグでこの2チームを破り見事に決勝トーナメントに進んだチームがあります。
それが今回紹介するシャフタール・ドネツク
ウクライナの強豪チームではありましたが、ヨーロッパ西部のメガクラブとは見劣りする存在で、
正直なところ知名度も高くありません。そんなチームがチャンピオンズリーグを勝ち抜いている訳とは?

あまり馴染みのないシャフタールというクラブと
指揮官のパウロ・フォンセカについて紹介もされていて、個人的には大変興味深い内容でした。

画像、原文は以下のサイトからの引用になります。
https://spielverlagerung.com/2018/02/19/shakhtar-team-analysis/

著者はエドゥアルド・シュミット氏。UEFAのBライセンスを持った戦術分析家の方です。
https://twitter.com/eduardvschmidt

選手とポジションについては以下の画像を参考にしてください。

以下 本文です。

続きを読む

How to create a game model ゲームモデルの作り方 後編

前編に引き続き、「ゲームモデルの作り方」後編になります。

途中ポジションの説明がありますが、前編で話にでていた3−2−4−1フォーメーションになっています。
それぞれの呼び方は

この様にしています。元の文章と比較をしてみると面白いかもしれません。

以下 本文となります。

Simplifying The System For Individual Understanding

On twitter I once wrote a very basic short article on how Barcelona can be so fluid without having too many or too complex instructions for each player. You can find this here. Let’s create something similar for the system we just created.

This is an example of simple instructions of a few simple points without jargon / concept language to give players guidelines for their movement, orientation and decision making in possession – we’ll use simple and understandable action language in our talks with the players and in the instructions we will use as a consistent reference in training:

Goalkeeper:
・If the central back / sweeper is supporting near the ball, move away. Position yourself in the gap between the center back and side back just 20 meters deeper.
・If the central back / sweeper is supporting away from the ball, move towards the ball. Offer yourself for a simple back pass. When you receive, try to already face where you want to pass next. Check your surroundings always. If you don’t find a passing option, go long towards the sides.
・Use hand gestures: If you have space in front of you, show with your hand you want the ball in front of you. If you are not sure, point with your hand towards your feet.
・If the back line advances, advance with them. Keep 20 meters distances to them but always be active. Try to intercept long counters behind the back line or prevent them by helping your team mates.
・If the ball position changes in the oppositional half – no matter who has the ball – move towards the ball.


Central Back:

・Don’t position yourself with the side backs in one line in possession. If you do that, you cut their connection and make smaller space. Try to be a few meters deeper. Imagine a diamond or pentagon with the side backs and central midfielders! With this, the opposition needs to cover more space in pressing.
・If you get pressured from the side or don’t get pressured at all and there is space in the midfield in front of you, you are allowed to advance.
・If you feel our build up is too passive, move towards the right a bit and instruct the left holding midfielder to drop deeper.
・When passing to the side, always look diagonally behind you after that. You should check if there are players in the passing lanes to the other side back for switches and if the middle is open for passes there if you should get the ball back.
・If you face the whole field, look for diagonal passes towards the wing. There we have the positional switches and can get a free man with dynamical superiority.


Side Backs:
・If the Central Back advances, check if one of the central midfielders is dropping. If not, move 10-15 meters towards the middle to create a back two for cover.
・When we get the ball and secured it, immediately split and make the pitch big. Don’t position yourself in a horizontal line with the central back / sweeper.
・If there is space in front of you, you are allowed to advance.
・If there are two players in the middle – as in a midfielder dropping deeper – you should advance forward.
・Before receiving position yourself so you face the central spaces and always try to look towards the highest midfielders so you have the most information input for your possible passes. If you play it to the wings, try to do it directly!
・You are allowed to position yourself in a line with the central midfielders but only if there is still an open passing lane to your central back and you are not too near to the wing back in front of you.
・Only move towards the middle when we have possession if you think we will lose the ball soon or your support in the middle is the only option to stay in possession. Otherwise stay wide.


Left Holding Midfielder:
・If the central back advances, move towards the side to open space. Move backwards so you still have an open body posture towards up front. Look around you so you don’t get pressured from behind.
・If you don’t find space in the middle, drop deeper so the side backs can become full backs. Try then to either find them or the central midfielders.
・Don’t move too far to the sides. Always stay in front of the gap between the central back and the side back. Only move to get free and to escape oppositional access.
・Turn if there is a vertical or diagonal pass to the players higher than you; you should be able to receive lay offs from them and then distribute forward again.
・Try to have an open body posture towards the right side; with this you have a good overview of many players and can also distribute it long.


Right Holding Midfielder:
・Don’t initiate positional changes with the right wing back if you are potentially able to receive the next pass. If you feel you won’t get the ball and can’t get free, you are free to initiate positional changes with the right wing back.
・Don’t be in one horizontal line with the right wing back. Try to be in a line between him and the right side back.
・If you pass to the middle, look toward the right side to see what your partner is doing. If he gets a pass (especially from you), immediately look towards the middle so you know where you could pass to if you receive it back immediately.
・Never be further away from the right wing back then 20 meters, except your partner in central midfield has dropped deeper. Then move towards the middle to occupy the space in front of the gap between him and the central back / sweeper.
・One great situation to change positions is when we circulate on the opposite side and pass it back. Now you can move towards the wing and he can advance into the middle. Look at your partner and create eye contact when changing position!
・You are allowed to advance through the middle and towards the oppositional box, attack open space in front of you if you see it.
・If you are on the wing, play like you think a wing back plays! (if more training time, teach them the instructions of the wing back too)


Right Wing Back
・Look at your partner and create eye contact when changing position! One great situation to change positions is when we circulate on the opposite side and pass it back. If you feel you saw open space in the middle and you are not able to receive this or the next pass, move into the open space for a positional change.
・Don’t be in one line with your partner. Try to be positioned higher so you also open space for the side back. Move laterally into the middle or diagonally towards goal, if the side back on your side advances.
・When passing it forward, immediately look towards the middle. When passing it backwards, immediately look forward.
・If you pass it diagonally into the middle, advance on the side. If you played it vertically on the side, advance diagonally through the middle.
・When being on the ball or engaged in a combination, move into the middle. This creates an overload and chaos for the opponent while our shape allows us to cover this.
・Only move towards the middle when we have possession if you think we will lose the ball soon or your support in the middle is the only option to stay in possession. Otherwise stay wide. If your partner advances, fill in behind him and stay deeper if needed.

Left Central Midfielder
・Don’t be positioned in a horizontal line with you the left wing back besides you, your partner. Try to be higher.
・One great situation to change positions is when we circulate on the opposite side and pass it back. Now you can move towards the wing and he can advance into the middle. Look at your partner and create eye contact when changing position!
・Keep at least 10 to 15 meters distance vertically to the holding midfielder behind you. If he drops deeper, you are allowed to drop a line deeper. If the other holding midfielder moves centrally, you don’t have to.
・You can move towards the sides to get a vertical pass from your wing back. He should move into the middle then; try to find him or the centre forward with a pass.
・If the central forward is on the right side, you can advance to occupy the last line.
・Look around before receiving; when you pass to the side, immediately look towards the middle and look for the other central midfielder. If you pass to the middle, look for the central forward and the wing back.


Left Wing Back
・Don’t be positioned in a horizontal line with you the left wing back besides you, your partner. Try to be deeper.
・One great situation to change positions is when we circulate on the opposite side and pass it back. Now you can move towards the wing and he can advance into the middle. Look at your partner and create eye contact when changing position!
・If your partner drops, you should advance. If the side back on your side advances, move towards the middle or into the last line. If you pass it diagonally into the middle, advance on the side. If you played it vertically on the side, advance diagonally through the middle.
・When passing it forward, immediately look towards the middle. When passing it backwards, immediately look forward.
・When being on the ball or engaged in a combination, move into the middle. This creates an overload and chaos for the opponent while our shape allows us to cover this.
・Only move towards the middle when we have possession if you think we will lose the ball soon or your support in the middle is the only option to stay in possession. Otherwise stay wide.


Right Central Midfielder
・Look around you; if there is open space and our team has no passing option, fill it and act as distributor.
・Keep about 15 meters distance vertically to the holding midfielder behind you. Imagine it as opening space for him! The oppositional players in the middle should always have to question themselves who to mark. This means only occasionally move into the last line so the centre back of the opponent won’t just start to mark you. If this happens, roam towards the side or slightly deeper.
・Don’t move towards the left side and don’t occupy the same spaces as the left central midfielder.

Centre Forward
・Move towards the side where the ball is. Open space by moving towards the wing (opens gap between the centre backs of the opponent) or occupying their sweeper (if your man marker tracks you there which opens one side up).
・If they play with a back four, occupy the space behind their full back if he advances or the channel between full and centre back.
・Try to run horizontally towards the ball side and look for long balls behind their defense into space with abrupt vertical movements into gaps.
・If there is space open, you are allowed to drop but try to do lay offs and immediately turn and go into depth with speed again.
・If one of the central midfielders advances forward, you can drop deeper into the opened space to lose your marker.
・Before receiving, look around your shoulder. After passing, do that again. Try to find an open man for possible break through and so you can get through balls yourself.

With this we have covered with a few simple instructions which we can coach our whole system which as a whole is fairly complex. We are able to use it for coaching and it makes the players immediately understand tactical aspects due to the consistent reference point we use.

Out of possession we also can create such instructions although I prefer simple guidelines for all players more. Because of our system we should especially try to focus on these things in our sessions and coaching points:

・If we lose the ball, immediately press the ball. Run towards him in full speed! If you can’t reach it, still move towards the ball and cover for your team mates.
・If we lose the ball, don’t try to get to your nominal position; go to the nearest position in our system.
・Imagine our system as a net or chain; if someone moves out, we follow him and move towards the gap.
・Keep short distances and compactness (this should be focused in training sessions especially to really keep them consistently and so the players know which distances are meant).
・First focus on the ball, then on your team mate. If the opponent near you is not having the ball or being the next player who will get it, ignore him.

Additionally to these guidelines I’d personally create some game forms for specific aspects, go through some situations explicitly and of course correct within the drills, at times using freezing. The drills and methodology is important but won’t be covered in detail here.

個々の理解のためにシステム単純化する。

ツイッター上で、バルセロナが互いの選手の相互作用が複雑にならずに流動性を持たせている方法を短い文章として書いた事があります。ここで読むことができます。 たったいま作ったシステムと似たような物を作ってみましょう。

これは専門用語を使わずにいくつかの簡単なポイントを指示した例です。選手たちにボール保持した時の動き方、方向、意思決定の指針を与えるものです。選手たちとの会話では分かりやすく簡単な言葉を使っています。トレーニングの資料として一貫して使用します。

ゴールキーパー
・もしセンターバックやスイーパーがボール近くでサポートしているなら遠くに移動します。あなたのポジションはセンターバックサイドバックの間の20メートル深い位置です。
・もしセンターバックやスイーパーがボールから離れている時にはボールの近くに移動します。シンプルにバックパスを受けます。あなたがボールを受けた時、次にパスを出したい方向に顔を向けるようにしてください。常に周辺に気を付けてください。もしパスの出し所がなかったら、サイドに長いボールを蹴りましょう。
・手の指示を使います。もし前方にスペースがあるなら、あなたの前にボールを出すように手で示しましょう。スペースがある確信がないなら、手で自分の足元を指しましょう。
・DFラインが前進しているなら、一緒に前に行きましょう。けれど常に動き続けて20メートルの距離を保ちます。DFラインの裏に出されるロングボールをインターセプトしたり防ぐことで味方を助けましょう。
・もしボールの位置が反対サイドに移動したら、ボールの保持に関わらずボールの方に移動しましょう。


中央のセンターバック
・ボール保持している時には左右のセンターバックと一列になってはいけません。そうしないとつながりが切れてスペースを作れなくなります。数メートルで良いので深さをとりましょう。左右のセンターバックセントラルMFとあわせて四角形や5角形になることをイメージしましょう!こうすれば相手がプレスを掛けた時により広い範囲をカバーさせるようになります。
・あなたがサイドからプレッシャーを掛けられたり、もしくはプレッシャーを全くかけられず前方にスペースがある場合は前進することができます。
・もしビルドアップが難しいと感じたら、右に少し動いて左の守備的な中盤の選手に落ちる動きをさせましょう。
・サイドにパスを出したとき、常に斜め後ろを見るようにしてください。サイドを変えるために逆のセンターバックへのパスコースに選手がいるのかをチェックするべきです。もし中盤にパスコースが空いていたらボールをCBに戻させましょう。
・もしあなたがフィールド全体を見れているなら、ウイングへの斜めパスを意識してください。ポジションチェンジを行うことで優位性がもったフリーマンを作っています。

左右のセンターバック
・もし中央のセンターバックが前に出ているなら、中央のMFの一人が落ちているかを確認しましょう。そうでないなら、中央に10〜15メートル移動して2人でカバーできるようにしてください。
・ボールを確保した時にはすぐに広がってフィールドを大きく使いましょう。そのとき中央のセンターバックと一列になってはいけません。
・前方にスペースあるならそのまま前進して構いません。
・中盤に2人選手がいるなら、そのうち一人が落ちる動きをしてあなたは前に移動するべきです。
・ボールを受けるポジションを取る前に中央に顔を向けます。高い位置にいるMFの方を向くようにしましょう。パスを成功させるために必要な情報を手に入れておくのです。もしウイングのように高い位置でプレーする場合にはゴールに向かってみましょう!
セントラルMFと同じラインでポジションを取るのは許されています。けれども中央のセンターバックへのパスコースを開けるようにしましょう。あなたの前にいるウイングバックの選手に近づきすぎてはいけません。
・ボールを失ったり、ボール保持のための唯一の選択肢になるために中盤にサポートが必要だとあなたが思った時だけ中央に向かってください。それ以外の場合には幅を取ってください。

左守備的MF
・もし中央センターバックが前進したなら、横にずれてスペースに移動します。後ろに移動して前方にむけて体を開いた姿勢を保ちます。
周りをみて背後からプレッシャーを受けないようにしましょう。
・中盤でスペースを見つけられないなら、落ちる動きをして左センターバックサイドバックにします。その動きをした選手か中盤のMFを探してみましょう。
・サイドの方にあまり遠くまで行かないようにしましょう。常に左センターバックと中央センターバックの間の前に居るようにします。動くのはプレッシャーから逃れてフリーになるためだけです。
・前を向いた時に前方に縦か斜めのパスを出せる味方がいるなら、あなたはレイオフを受け取ることができて、再び前方に配球することができるでしょう。
・右サイドに向けた姿勢を取ってみましょう。そうすると多くの選手を把握することができて長いパスも出せるようになるでしょう。


右守備的MF:
・つぎのパスを受けられる可能性があるなら、右ウイングバックとポジションチェンジをしないでください。もしフリーになれずボールを持てないと感じたら、フリーになるために右ウイングバックとポジションチェンジをしてください。
・右ウイングバックと横一列に並んではいけません。右ウイングバックと右センターバックの間にいるようにしましょう。
・もしあなたが中盤にパスをだすなら、あなたの相棒が何をしているかを見るために右サイドを向いてください。もし彼がパスを受けるなら(特にあなたからの)、ボールがすぐに返された時にパスが出来る場所を把握するために中央をみてください。
・もう一人の中盤の選手が落ちる動きをしたときを除いて、右ウイングバックの選手から20メートル以上離れてはいけません。中央に移動するときには、彼と右センターバックの間の前方でスペースを埋めます。
・ポジションを変える大きなきっかけとして逆サイドからボールが回ってきて戻されたときです。この時あなたはサイドの方に向かって移動できて、右ウイングバックの選手は中央に入り前進できます。あなたの相棒を見てポジションを変える時にはアイコンタクトをしましょう!
・あなたは中央を前にすすんで相手ペナルティーエリアに向かうことが出来ます。もしあなたが前方にスペースを見つけたら攻撃に出ていきましょう。
・もしあなたがサイドでプレーしている時には、自分がウイングバックであると考えてプレーしましょう!(練習時間がもっとあればウイングバックの事も教えます。)

右のウイングバック
・あなたの相棒をみてポジションチェンジをする時にはアイコンタクトをしましょう!逆側からボールが回ってきた時がポジションチェンジを行う機会です。もしあなたが中盤にスペースがあると感じて、さらに次のパスを受けられなならポジションチェンジのためにスペースに移動しましょう。
・あなたの相棒と一列になってはいけません。高いポジションを取るようにして、右センターバックのためにスペースを作ってください。もし右センターバックが上がってきたら、横に動いたり斜めに動いてゴールに向かってください。
・前にパスが出されたらすぐに中央を向いてください。後ろにパスが出されたら前を向いてください。
・もしあなたが中央に向けて斜め前にパスをだしたらサイドを上がってください。もしサイドを縦方向にボールを動かしたら、中央にむけて斜め前に進んでください。
・ボールを持っていたり連携を使いたい時には中央に向かいましょう。この動きは相手に数的優位と混乱を呼びます。けれど私達の陣形はこれをカバーできるようになっています。
・あなたがボールを失うと思ったり、ボール保持のために選択肢を作るためのサポートをする時だけ中央に移動してください。それ以外の状況では幅を取ってください。もしあなたの相棒が前進したら、必要な時には彼の背後のスペースを埋めましょう。

左攻撃的MF
・あなたの横にいる相棒である左ウイングバックと一列になってはいけません。より高い位置をとるようにしましょう。
・逆サイドからボールが回ってきたときがポジションチェンジのチャンスです。あなたはサイドに向かっていき、相棒は中央に入ることができます。ポジションチェンジをするときにはアイコンタクトをとりましょう!
・あなたの後ろにいる守備的MFとの距離は縦方向に10〜15メートルを保ってください。彼が落ちる動きをしたらあなたも深い位置を取ることができます。もしもう一人の守備的MFが中央に移動していたら、あなたは落ちる動きをしなくて良いです。
ウイングバックからの縦パスを受けるためにサイドに移動できます。センターフォワードを探したりパスを出すために彼は中央に移動すべきなのです。
・もしセンターフォワードが右サイドによっているなら、同じ高さまで前進できます。
・ボールを受ける前に周囲を確認しましょう。あなたがサイドにパスを出した時、すぐに中央を向いてもう一人の攻撃的MFを探しましょう。中央にパスした時には、センターフォワードウイングバックを探します。

ウイングバック
・隣りにいるあなたの相棒と一列にならんではいけません。より深い位置をとりましょう。
・逆サイドからボールが回ってきた時にはポジションチェンジの良い機会です。あなたがサイドに向かったら相棒は中央を前進します。ポジションチェンジをするときにはアイコンタクトを忘れずに!
・あなたの相棒が下がったら前進すべきです。もし左CBがあなたのサイドを上がってきたら中央に向かうか最前線に行きましょう。もし中央に斜めパスを出したらサイドを上がってください。サイドで縦パスを出したら中央に向かって斜めに進みます。
・前方にパスを出したときにはすぐに中央に向きます。パスを後に出したときには前を向きます。
・ボールを持っていたりコンボネーションを使うときには中央に向かいます。これは数的優位をつくり相手を混乱させます。私達の陣形はこれをカバーできます。
・ボールを失ってしまうか、ポゼッションを続けるためにパスの選択肢になるときだけ中央に移動します。


右攻撃的MF
・周囲をみましょう。もしスペースが空いているならその場所をうめ、チームにパスの選択肢がないならパスの配球者となります。
・あなたの後ろにいる守備的MFとの距離を15メートルくらいに保ちましょう。彼のためにスペースを開けてあげる事をイメージしましょう!相手の中盤の選手に誰がマークにつくのかいつも困るようにさせるべきです。これは時々最前線に移動することを意味しています。相手のセンターバックがマークに付き始めることになります。もしそうなったらサイドや深い位置へと動き回りましょう。
・左サイドへは行ってはいけません。左攻撃的MFと同じスペースを使わないようにします。

センターフォワード
・ボールのある方のサイドに移動してください。サイドに流れたり(相手のCBの間にギャップを作る)スイーパーをついてこさせて(マンマークならついてくるので片方のスペースが開く)スペースを作ってください。
・もし相手が4バックなら、上がってきたサイドバックの裏を取ったりサイドバックセンターバックの間を狙いましょう。
・ボールのあるサイドに向かった横に移動したあとに縦方向に動き、相手の裏のスペースでロングパスを受けることにチャレンジしましょう。
・スペースがあるときには落ちる動きをしても良いですが、レイオフした後すぐに振り向いてスピードをあげて深い位置に向かってください。
・もし攻撃的なMFの1人が上がってきていたら、あなたは落ちる動きでマークを外しフリーになることが出来ます。
・ボールを受ける前に首を振って周りを見てください。パスを出した後にそうしましょう。相手の守備を破るためにフリーの選手を見つけたり、あなた自身がボールを受けられるようにしましょう。

ここまで全体としてはかなり複雑なシステムを指導できるようにいくつかの簡単な指示としてまとめました。私達はこのような指示をだすことで、私達が一貫して焦点を当てている戦術的な要素を選手達がすぐに理解できるようになります。

ボールを失った場合にも同じような指示を作成します。全ての選手のために簡単なガイドラインを提供しています。私達のシステムで特に注意するべきポイントをあげます。

・もしボールを失ったらすぐにプレスを掛けましょう。全力で走りましょう!もしボールまで達しなくてもボールに向かうまでに味方がカバーしてくれるでしょう。
・ボールを失った時に元々のポジションに戻ろうとしないことです。システムにおける一番近いポジションに移動します。
・システムを網や鎖のように想像してください。もし誰かが動くと、彼についていきギャップを埋める動きをします。
・短い距離を保ちコンパクトにしてください。(トレーニングメニューで特に取り上げるべきです。常に一貫して保つために選手は距離が何を意味するかを知っておく必要があります。)
・最初に注目するのはボールで次に味方を注目します。相手があなたの側でボールを持っていない、もしくは次にパスを受けようとしていなければ無視しましょう。

これらのガイドラインに加えて、私は個人的に特定の要素について試合の局面をつくります。フリージング(*1)を使っている時には練習の中で明確で正確な状況を設定します。練習内容と方法論は重要ですが、ここでは詳しく扱いません。

Methodology And Coaching

In Germany Marco Henseling’s and my coaching book – incl. interviews with Robert Matosevic, Marti Perarnau and Roger Schmidt – got published in winter. There we talked about periodization, basic strategical and tactical aspects, pedagogy and didactics, technical training, forms of learning, etc. etc.

To talk about this in detail here would take too much: Even our book lacked many aspects and still had nearly 240 pages without that many graphics and diagrams as we didn’t talk much about sessions but about the fundamentals which lead to being able to build a session. The five main points were:

・Football specific
・Holistic
・Complex
・Synergistic
・Differential

A small graphic illustrating the hierarchy between these aspects; top to bottom.

Basically, being “football specific” is the base. Everything you do should be extracted from the game and its principles itself; not the opposite. Many go the other way and do weight lifting because “you need power too in football”. That’s the wrong starting point in my eyes. Football specific comes from the game itself. If you do that as base, there are four basic things which have to follow.

The drill has to be holistic; should train as many aspects as possible as the game itself never has an isolated aspect to it. There’s always context. Try to make an image of the game in your drills and put everything you can coach for an action into it. But these aspects have to interact with each other, as they do in the game.

That’s “complexity”. The simultaneous interaction between the aspects makes it complex. The complexity should be arranged in a way it makes the whole thing more than the sum of its parts (“synergistic”). Every decision in the drill interacts with what happened before and what will happen after; the possible consequences of the next actions are part of every decision! Then it should be flexible and varying every time with every repetition. Not repetition should be the exact same. That’s “differential”.

These principles are based on sports science, the talks with elite coaches, among them the interview(s) with Roger Schmidt and our former work from Spielverlagerung with Thomas Tuchel as analysts. Note: This does not mean that everything else is ineffective; it’s just the way I deduced so far for myself to be working best based on personal experience as coach, talking with coaches, analyzing methodologies and the newest input from sports science reflected on the game of football. It also does not mean that there are no instructions from the coach; they are put into the session through talks with the players, explanations, freezing, video analysis (if possible), the session design and the patterns created based on the session design. Also we had more than enough instructions in the last part of this article, right?

An example for a drill in this system could be this:

The size of the field should be 24m length, 36m width. Using cones on the pitch we can mark a 3×3 grid; the central zone is twice as wide as the side zones. So the zones are 9x8m three times on each side and 18x8m three times in the central strip. On both ends there are two goals each, on the sides where the middle bordered on the side strip.

The teams have two different instructions based on the Priming we want to accomplish for our game model of the 3-2-4-1/3-4-2-1. I would put up one team to play in a 3-2-1 and the other team in a 2-3-1 or in a 3-2 versus 2-3. In the latter example we would have the central back, wing backs and centre midfielders in one team versus the side backs, holding midfielders and center forward in the other.

The rules of this game could be for instance specified like this: Maximum of two players in the same zone in the middle strip, maximum of one player in the same zone on the wing, a maximum of two players in the whole wing zone on one side. To this specific instructions for the players are added.

Instructions: At the beginning we could say that a back-pass option is always important to leave pressure and being able to switch. The side backs should be positioned at the edges of their zones; basically copying how they split in the game and the ability to advance when one of the central midfielders drops. When they see this (remember the basic system instructions?) they have to split wider and go into the wing zones, advance if necessary / possible.

In the 3-2 we of course have our central back building play and the wing backs already higher in before. The wing backs should always occupy width and not move to the ball, so we can switch the sides when needed.

The central players are free to move, but could change their position and occupy the wing, drop or advance. As per our “non-negotiable” strategical aspects we play with immediate pressing and for regular pressing they first have to position themselves in their shape in the central zone – and only in that! – with all players.

This gives them high compactness and forces them to move towards the ball. The two goals on the sides – instead of one centrally – not only force the team in possession to switch the sides fast and frequently but to play diagonal passes behind and move with the team out of possession forced to always give cover and defend the paths to the goal properly. One false movement or lack of connection to the team mate would open space for an immediate through ball.

Coaching points? I actually did this with my team to test it.

First started coaching towards high intensity in passing and pressing, rarely focusing on technical aspects and later on – when intensity was high and the rules were understood – I praised right decisions and did not correct as much first. Then I started to correct some positions and explained them.

In the breaks (periodization of the drill was 4x8min, 90 seconds break) I gave short explanations and feedback through asking questions about specific aspects. For instance on dismarking and movement of the side players; the left side back for example had problems in terms of movement to open space for himself or others which we went through in front of the team shortly.

Later he had better movement and some interesting overlaps and diagonal dribbles into the middle. The left wing back of the 3-2 team was brilliant; he gave depth well, sometimes tried to get a diagonal pass behind the defense, always staying on his position, a few times changing intelligently into the middle and sometimes dropping deeper to build up from deeper zone with more space and time.

The last repetition was very nice; there were many on one side, then diagonally to the central players who laid it off to the back line who immediately switched with one pass to the other side with immediate movement and support. Thus, the movement was self-initiated. According to our Priming they started to do more fast shifts, had flexible build up situations and later on started – thanks to the coaching – to change the positions.

The right wing back was initially static, later moved often to the center and once ended up on the left; ultimately even against the ball the positional changes started to become functional. As I coached from outside explicitly to “not move to the original position, but the next!” this became better later on. Athletically, the impact was also high and the players had many actions, many sprints and seemed fairly exhausted. All in all the players gave good feedback and there were small but visible steps towards our Priming made.

Sessions like these can – with additional drills to support this, the instructions mentioned above, some visualizations and proper coaching – lead after some time to the game model we created.

方法論とコーチン

この冬ドイツでマルコ・ヘッセリングと私はコーチングの本を出しました。ロバート・マトセビッチ、マルティ・ペラルナウやロジャーシュミットのインタビューもあります。その本の中で時代区分、基本的な戦略および戦術の要素、教育と教訓、技術的な練習、学習の形態などについて語っています。

これについて細かく語っていくと時間がかかりすぎます。図があまりない240ページ近くある私達の本でさえ多くの要素が欠けています。私達はトレーニングメニューを作れるようになるために基礎について多くを語った訳ではないのですが、5つの大きなポイントを挙げています。

サッカーの特徴
全体論的 (総合的な)
複雑系 (相互に連結したあるいは関係しあっている構造)
相乗効果
差分(類似した物を区別する性質)


上から下へとこれらの要素間の階層を示す小さな図。

”サッカーの特徴”が基本となります。あなたがする事の全てはゲームとその原則自体から抽出するべきです。 相手ではありません。”サッカーにもパワーが必要だ”とウェイトリフティングをするように、多くの人が違う方法をとってしまいます。私からするとそれは間違った考え方です。サッカーの詳細とはゲームそれ自体から来るものです。もしあなたがそれをベースとするなら次に続く4つの基礎があります。

練習メニューは全体論的に行います。ゲーム自体には孤立した局面というのは無いので出来るだけたくさんの要素を含んだ練習をすべきです。常に文脈を持たせることです。試合をイメージした練習を作成して、そこでの動きを全てを取り入れて指導出来するようにみてください。これらの要素はゲームで起こるような相互作用を持たせるべきです。

それを”複雑系”と言います。相互作用を起こすことが”複雑”という事です。複雑系は全ての要素(相互作用)を足し合わせてよりも大きくする方法として整頓する必要があります。練習メニューを決めるとは、これまでに起きたこととこれから起きることをつなぎ合わせることです。次の行動によって決まる結果というのは全ての決断の一部分です!そして繰り返し行なっても決断とは柔軟にするべきで毎回変化させるのです。ただし繰り返しとは全く同じであってはいけません。それが”差分”という事です。

スポーツ科学や、優秀なコーチとの議論、ロジャーシュミットのインタビュー、そしてトーマス・トゥヘルを分析したSpielverlagerung での私達の記事が、これらの原則の元となっています。注:これは他の全てが意味がないという事ではありません。コーチとしての個人的な経験、指導者たちとの議論、方法論の分析やサッカーの試合は反映された最新のスポーツ科学にもとづいて推し進めてきた方法です。これはコーチの指示が必要ないということではありません。選手たちとの会話や説明、フリーズ(*)、ビデオ分析(可能なら)トレーニングの設計や設計を元として作られた練習パターンによって、指導者はトレーニング中に取り入れます。この記事の最後のパートでも十分に説明していきます。よろしいですか?

(*)フリーズ・・・練習の途中で動きを止めて、周囲の状況を選手に確認させるコーチング方法。

システム成立のための練習メニュー例。

奥行き24メートル、幅36メートルのフィールドを作ります。コーンを使ってセンターゾーンと2つのサイドゾーンという風に3×3に分割します。したがってはサイドに9x8mで3つ、中央に18x8mで3つの領域が作られます。どちら側にもサイドゾーンに接してゴールが2つおかれます。


このようなフィールドになります。

3-2-4-1/3-4-2-1でのゲームモデルで達成したい重要な事を基礎とした2つの指示をチームは与えられています。3-2-1対2-3-1、もしくは3-2対2-3で対戦するチームを作ります。後者の例では中央の守備とウイングバックセントラルMFのチームと、サイドバック、守備的なMFとFWのチームです。

このゲームのルールは、たとえば次のように指定することができます。中央では同じゾーンに最大2人まで。サイドでは同じゾーンに1人。片方のウイングレーンでは最大2人まで入れます。選手たちに追加で具体的に指示します。

まず第一にバックパスという選択肢は相手からのプレスから逃れたりサイドを変えたりするために常に重要と言えるでしょう。サイドバックはゾーンの端にポジションを取るべきです。試合中にセントラルMFの1人が落ちる動きをした時にサイドに開いて前進できる場面をコピーしています。彼らはこれを理解して(基本的なシステムの指示を覚えていますか?)幅を広く取ってサイドゾーンに入り、必要に応じて前進します。

3-2の場合もちろんセンターバックがビルドアップを行います。その前にウイングバックはすでに高い位置にいるようにします。ウイングバックは常に幅を取るべきでボールに近寄ったりしません。だから必要な時にサイドチェンジを行うことができます。

中央の選手は自由に移動できてサイドに行ったり落ちたり前進したりしてポジションを変えることが出来ます。相手が即座に継続的にプレッシングする事は関与できない戦術的な要素であり、最初に中央ゾーンで陣形を整えるポジションを取らなければいけません。選手全員で!

これは彼らに高いコンパクトさを与え、ボールに向かって移動させます。中央に一つではなく外側に2つゴールがあるので、ボール保持側は素早く頻繁にサイドを変えるようにするだけでなく背後にななめのパスを出すようになります。ボールを持っていない時にはゴールへつながるパスを正確にカバーし常に守備を行うようにさせます。一つ間違った動きをしたり味方とのつながりが無くなるとすぐにボールが通るスペースを空けてしまいます。

コーチングにおけるポイントは何でしょう?私は実際にチームで試してみました。

パスを出すことやプレスを掛けることを高い強度で行えるようにコーチングする事を最初にします。技術的な面に焦点を当てることは稀で、強度を高めることや規律を理解した後にすることです。初期段階では私は正しい判断をした時に褒め称えて判断を訂正するということはしません。そのあとにポジションを修正したり選手たちに解説することを始めます。

休憩時間では(練習は4×8分行う。休憩時間は90秒)短い説明とフィードバックを行い、いくつかの質問をします。サイドの選手のマークの外し方を例にあげます。チームが前進するために左サイドバックの選手が自分や他の選手のためにスペースを作る動きに問題がありました。

その後、彼は面白いオーバーラップや中央へ斜めにドリブルしたりといって良い動きをするようになりました。3-2システムの左ウイングバックとしては素晴らしい動きです。彼は深さをもたらし、ときどき守備の裏に斜めパスを試みました。常にポジションにとどまり、時には中央に賢いポジションチェンジをしました。低い位置からのビルドアップではポジションを落とすことでスペースと時間を作りました。

最後の復習ではとても良くなりました。片側に人数をかけた後、中央の選手がレイオフで後方の選手にボールを落とし、一つのパスで逆サイドに展開し素早くサポートしました。この動きは自分たちで見つけたものです。私達が教え込む事で彼らはより素早くサイドチェンジするようになりました。ビルドアップに柔軟さを身に着けポジションチェンジを行うようになりました。

ウイングバックの選手は始めは動きがなかったです。その後中央に移動するようになり一度左サイドまで行くことがありました。最終的にはボール対して機能的なポジションチェンジを始めるようになりました。「元の位置に移動しないで、次の位置に移動する!」とはっきりとコーチングしたので、後に改善されました。運動としての強度は高く選手達は何度も動きスプリントを繰り返したのでかなり疲れているようでした。選手たちには良いフィードバックを与えられて私達の目標にむかって小さいですが一歩前進しました。

このようなサポート、事前に出す指示、視覚化や正しいコーチングによって練習メニューはゲームモデルへとつながっていきます。

More literature:

・Our tactical theory sections on Spielverlagerung.com and Spielverlagerung.de incl. the “How to analyze?” on the German page and my coaching methodology book
・The work of Jan Van Winckel, Paco Seirullo, Vitor Frade or Raymond Verheijen
・Kieran Smith’s presentation on Inspire about Juego De Posicion (and other webinars on there, incl. my own on Schmidt’s press where I talk about action language and basic football stuff, too)

その他の文献

・Spielverlagerung.comで戦術の基礎とパートでドイツ語で”How to analyze?”という記事や私のコーチング方法の本があります。
・Van Winckel、 Paco Seirullo、 Vitor Frade や Raymond Verheijenの作品。
・” Juego De Posicion ”に影響を受けたKieran Smithの発表。(シュミットのプレスでや基本的なサッカーのことについて話しているオンラインセミナーがあります。)

How to create a game model ゲームモデルの作り方 前編

◆はじめに
今回の文章はゲームモデルの作り方がテーマです。
ゲームモデルとはチーム全体でどのようなポジションをとり、
それぞれの選手がどのような役割をするかという事を決めることです。
またどのように選手に伝えるかも大切です。
日本語では一括りに戦術という言葉になっているのでは無いかな?

チームを指揮する指導者がまず最初に決めることになるでしょうか。
ゲームモデル=チーム作りです。



文章、画像は以下のサイトからの引用になります。
https://spielverlagerung.com/2016/03/07/how-to-create-a-game-model/

著者はRene Maric氏(https://twitter.com/renemaric)
レッドブル・ザルツブルクのアシスタントコーチをしている方です。

余談ですがこの方の英語は一文が長くて表現も難しいです(笑)

以下 本文になります。

How to create a game model
One of the questions I have received most is how to create a game model. Which aspects should you look at and how? This is my article trying to answer that.

Obviously writing in detail about all of that would probably take a whole book.

Some fundamentals are required like being able to analyze your players, the trends in your leagues, which types of teams you’ll play often against (from a strategical, not necessarily tactical point of view) and how to connect all of these aspects to a system. Sir Alex Ferguson or also Claudio Ranieri now have created a successful system partly because of specific patterns recognizable in the league and thus utilizing game theory to their and their players’ advantage.

Another thing is the ability not only to coach this from a methodological point of view (incl. man management, didactics, etc.), but also in terms of understanding your players. I have done some work about this in my webinar on Inspire! and in my German book “Fußball Durch Fußball” (translated as Football by/through Football) together with Marco Henseling. Also recently I wrote an article for the coaching magazine of the German FA on how to create an opponent specific match plan.

Still, the question mentioned at start always pops up: How do I make a game model for my team? Thus, I want to give a small example on this.

ゲームモデルの作り方

ゲームモデルの作り方は私が頻繁に受ける質問です。どんな局面を切り取って何を見てどんな事をすればいいでしょうか?この記事は私なりの答えです。

その全てを事細かく書こうとするとおそらく本が1冊書けてしまうでしょう。

あなたの選手、あなたのリーグのトレンド、(戦略的ではなく、戦術的な観点から)頻繁に対戦するチームのタイプを分析して、そしてこれらのすべての側面を システムとしてまとめる事が出来るといったことが基礎として必要になってきます。サー・アレックス・ファーガソンやクラウティオ・ラニエリはリーグ戦で起きるパターンを分析して、ゲーム理論を駆使して選手たちに有利なシステムを作り上げました。

コーチの能力としてもう1つ必要なことは、方法論的な観点から(人の管理、教訓などを含む)指導するだけでなく、選手を理解するという点でもあります。私はこれまでにマルコ・ヘッセリングと一緒にオンラインセミナーや “Fußball Durch Fußball”(訳:フットボールによるフットボール)でこの点について文章を書いてきました。そして最近、相手の特定のマッチプランを作成する方法をドイツのFAのコーチング誌に書きました。

それでも最初の質問が常に浮かんできます。チームのゲームモデルを作成するにはどうすればよいですか? 私はこれについていくつか例を挙げていきたいと思います。

The Base

Perhaps the most important thing is to decide which things are non-negotiable for you as a coach and which are flexible.

Normally I do create my system, both as a coach with my amateur team or as an analyst / consultant, in regards to the players I have at my disposal and the league we play in – because this will deduce on how many training we have, which level we will have physically, technically and tactically but also how the opposition will normally play. Then I / we adapt them towards the opponent on a weekly basis. Still, there are some aspects I consider most important and thus I will look to introduce them into my team no matter what – at least as a coach.

Man or zonal marking, pressing, counterpressing, compactness, positional play and ball oriented movement out of possession, short passing, etc. could be such things; nevertheless specific aspects of this can be varied in detail if the players have specific strengths or weaknesses.

When I took over a team that played man marking, I did look to introduce zonal marking but let them play a variation of zonal marking which allowed them to man mark in their zone. This is used by Dieter Hecking similarly and the literal English translation would be “zonal man marking”; everyone man marks but just in the zones that belong to their opposition. As most teams don’t overload or change positions in an organized way in this league it worked fairly fine. Thus, they had their typical orientation but did not leave gaps as open as in man marking.


Man Marking vs Zonal Man Marking (or: Man Marking In Zone). On the left you see a player tracking his opponent even away from his zone. On the right you can see the same player tracking his opponent until the outer limits of his zone and then leaving him to his team mate who steps up. There are endless variations of this, though (some do it off the ball, some only near the ball, different switches of who moves up, etc.).

I did this also because of other external factors: Due to lack of training time on this level I would not be able to introduce a clean and well executed zonal marking so I first did this before I would later leave it for a proper zone. The other possibility I contemplated was to let them play a very strict zonal marking where the extremeness of it (similar to Villarreal or Gladbach) would help me to change their mindset faster as the message was clearer and later on introduce a more variable variation; I decided against this way due to the players.

Also I looked at playing a positional style of play – look up Adin’s article on our site or Kieran Smith’s great presentation on Inspire for more information on Juego de Posición – which worked well in the first season but only in the first two thirds; in the last third the team just had players who are more suited to a chaotic, dynamical style which lead to us building up in something akin to Juego de Posición and then playing more ‘messy’ in the last third and even before that. After some of the players left, we changed to a different style in possession which did not have much principles of Positional Play anymore.


Example of an asymmetrical 3-4-1-2 I used with an earlier team of mine.

Thus, it’s important to clarify which things you want to see and which things you could adapt how. Not only your squad is important, but the whole context of the league.

基本

コーチにとって最も重要なのは、譲れない事と柔軟に対応できる事を見極める事です。

私がアマチュアチームのコーチもしくは分析者としてシステムを作ろうとするときには、私が指導する権利がある選手たちと、プレーしているリーグを考慮して作成します。これは我々が持っているトレーニングの数、物理的、技術的、戦術的にどれだけのレベルにあるのかだけでなく相手が普段どんなプレーをしているかを予測するためです。そして私/私達は選手たちを毎週の相手に対して対応させます。それでもまだ私が最も重要と考えている事がいくつがあるので、すくなくともコーチの立場としてチームに伝えようとします。

マンマークかゾーンディフェンスか、プレッシング、カウンタープレス、コンパクト、ポジショナルプレー、ボールを失った場合のボール指向の動き、ショートパス、など、このような事です。それでも、もし選手たちが特定の長所や短所を持っている場合にはこれらの具体的な要素を調整する事ができます。

私がマンマークをしていたチームを引き継いだ時には、ゾーンディフェンスを導入することを考えましたが、ゾーンディフェンスのバリエーションとして受け持ったゾーン内でマンマークする方法を採用しました。これはディーター・ヘッキングと同じやり方で、英語に訳すと"zonal man marking"です。担当するゾーンに相手が侵入してきたときだけマンマークをするやり方です。このリーグのほとんどのチームが組織的に密集をつくったりポジションを変えたりしなかったので、かなり上手くいった方法でした。典型的な守備方法でしたがマンマークの様にスペースを空けてしまうことはありませんでした。



マンマークvsゾーンマンマーク。左の図では守備者の受け持つゾーンから離れて相手についていく。右図では受け持つゾーンぎりぎりまで相手についていき、前にでる味方にマークを受け渡す。これには無限のバリエーションがあります(ボールが離れている時、ボールが近くにある時だけ、マークの受け渡し方、など)

私はいくつかの要因からこの守備方法をとりました。このレベルでは練習時間がたりないため、綺麗で整ったゾーンディフェンスを導入することができませんでした。だから私は後に適切なゾーンディフェンスを行うためにまず最初にゾーンマンマークを行いました。それともう一つ、極端な例(ビジャレアルやグラードバッハと同じような)を出して厳密なゾーンディフェンスをプレーさせることでメッセージを与え、選手達の考え方を素早く切り替える事を助けることで後により多彩なバリエーションを導入できる可能性を私は考えていました。けれども選手達の事を考えこの方法は取りませんでした。

私はポジショナルプレーを取り入れることを試みました。Adinによるこの記事や”Juego de Posicition”を元にしたKieran Smithの素晴らしいプレゼン資料を参考にしました。最初のシーズンで上手く行ったのは始めの3分の2だけでした。終わりの3分の1ではチームには、より混沌としたダイナミックなスタイルに合う選手がいました。”Juego de Posicition" と似たようなビルドアップをするようになり、その後、より”やっかいな”プレーをするようになりました。


私が初期のチームで使った非対称な3−4−1−2システムの例。

したがって、大切なのはあなたが望む形とそれをどうやって適応させるのかを明確にすることです。 あなたのチームだけでなくリーグ全体の状況が重要です。

Analyze The Surroundings

Different cultures, levels and leagues have different patterns. Some leagues vary a huge amount, others have teams playing in very similar systems.

Let’s go back to the previous example: In Austrian lower leagues until a certain level most teams either play a 3-4-1-2 with man marking and sweeper or a 4-4-2 with a mixture of zonal marking and man marking (wings in the back four as man markers, central midfield players too). Thus, when building the game model it’s important to reflect what this means tactically and what the strengths and weaknesses of the oppositional systems are.

This is not focused just on the formation; it’s much more about the movement and patterns these teams use. One example from the EPL are the positioning and passes from Fuchs and Albrighton paired with Vardy’s movement at Leicester; they lure out the oppositional wing and full back and then play long diagonals in behind after Vardy runs horizontally and then into deep, which attacks specific marking and movement aspects of EPL teams. Also it uses Vardy’s ability quite well.


The left winger occupies the right full back, the left full back has now a gap to play a long ball. Vardy can either run directly in behind or run horizontally and then into depth, depending on communication of the players marking him, the gap, what Fuchs does on the ball and things like when eye contact occurs between them.

If your opponents are mostly playing man marking, you should teach your players (first) how to play against man marking, how to read man marking schemes and how to behave individually and collectively against that. The same applies for zonal marking, of course.

For instance, some coaches use as guideline against zonal marking to position in behind the oppositional pressing line and move out of the cover shadows of the players in these lines. Others like to put their players in one line with the opposition so they can turn into more space. And some put their players into the next line of the opposition to play with lay-offs after long verticals – sometimes on purpose to players behind oppositional players so they can feel where the pressure will be coming from.


In all of these situations the first decision for the player getting free is if he’ll run into the gap or if he’ll already be positioned. The first decision helps him in terms of visual field of opposition who either don’t see him or have to lose eye contact to the ball carrier. In the first picture left he drops and receives between opposition, so he has more space to turn into. In the second picture he goes into depth, so he can either break through or lay it off to his team mate – who is positioned in a way that if he gets pressed he can get his body between ball and opponent most easily. In the latter he moves centrally in between these four which gives them a tough decision who will push out to press (or if it will happen).


So depending on the tactical goal and the coaches’ preference for his players the exact position will vary.

Yet, if the opponent man marks, you don’t have such lines. The opponent will follow you, this creates messy shapes and you’ll have problems to position yourself behind the opponent due to him marking and running after you, normally staying at your back. Here are other things important which are called ‘dismarking’ by some experts like the people from 3four3 from the US. On a surface level there are some fundamental (and interconnected) ways to leave your marker which I just want to mention and will explore in a tactical theory article someday:

・Distraction & miscommunication
・Misdirection & Deception
・Dynamical Positioning
・Positional Rotation
・Specific passing patterns
・Dribbling & Receiving

Coaching these aspects could possibly be more important in a league more focused on aggressive man marking all over the pitch which we will use in this example. Coaching instructions can precisely be about this, too:

・Read your opponent! Does he follow you if you move higher? If you move deeper? Be active and try to create distance.

It’s important to look at such reoccurring aspects from many perspectives and in many situations to optimally use them.

環境の分析

文化や競技レベルなどが異なる様々なリーグがあります。あるリーグはとてもお金持ちですし、また別のリーグではどのチームも似通ったシステムでプレーしています。

前の例に戻りましょう。オーストリアの特定のレベルまでの下位リーグではマンマークディフェンスでスイーパーを置いた3−4−1−2か、ゾーンディフェンスとマンマークを混ぜた4−4−2(ウイングはマンマークのために下がってくる。セントラルミッドフィールダーも同様)を使っています。したがってゲームモデルを作るのに大事なのは、戦術的に意味するものと対戦相手のシステムがもつ長所と短所を反映させることです。

これはフォーメーションだけに焦点を当てるのではありません。むしろ大事なのはチームが使う動きのパターンです。プレミアリーグのレスターからバーディの動きとフクスとオルブライトンのペアによるポジショニングとパスを例として取り上げます。彼らは相手のウイングをサイドバックを釣りだした後、バーディが横に動き後に裏を狙いそこに長い対角線のパスをだします。プレミアリーグのチームが持つマークと守備の特徴を狙った攻撃です。バーディの能力を上手く使っています。



左ウイングは右サイドバックと向き合い、左サイドバックはギャップに向けてロングボールを出す。バーディは直接裏に走るか横に動いた後に裏を狙う動きのどちらもできる。彼のマークする相手にギャップができると、フクスとアイコンタクトを取ることによりこのプレーを可能にする。

もしマンマークを取る相手が大半なら、あなたは選手達に(最初に)マンマークに対抗するプレー方法を教えるべきです。マンマークの狙いを読み取る方法とそれに対する個人とグループでの振舞い方を教えるのです。もちろんゾーンディフェンスであった場合でも同じようにします。

例えば、プレスを掛ける相手守備ラインの裏にポジショニングしてり、守備ラインの間でカバーシャドウから逃れたりといった、ゾーンディフェンスに対抗する指針を伝えるコーチがいます。また別のコーチはスペースを作るために相手と同じラインの選手を起きます。そして長い縦パスからのレイオフで相手の次の守備ラインに侵入させうます。特にはプレッシャーを感じることができるので相手選手を意図的に背後に置くこともあります。



ギャップに侵入しようとしたり、すでにポジションをとっていたり、これらの例は全て選手がフリーになるための判断です。相手選手の視界に入ってなかったり、ボール保持者から目が離れることを利用します。最初の画像では落ちる動きで相手の間でボールを受けます。反転することでスペースをより使えるようになります。2番めの画像では深い位置をとり、そのまま突破するかレイオフで味方にパスします。この方法を使うとプレスを受けたとしてもボールと相手の間に体を入れる事ができる。最後の画像では4人の守備者の間に移動して、誰がプレスにいくのか難しい判断をさせます。

したがって戦術的な目標やコーチの好みに応じて正しいポジションとは変わるものなのです。

けれども、もし相手がマンマークをしてきたら、あなたはそのような線を持っていません。あなたは相手に追いかけられるでしょう。これは厄介な形をつくります。相手はあなたの背後にポジションをとりマンマークや後を走ってきたりして問題を起こさせます。
アメリカ出身の3対3の専門家によって”dismarking”(マークを外す)と呼ばれる技術がここで重要になってきます。私が伝えたいのはマークを外す根本的な(相互作用的な)方法があることです。いつか戦術理論の記事として解説したいと思っています。

・動揺させること & 関わらせないこと
・迷わせること & 欺くこと
・ダイナミックなポジショニング
・ポジションのローテーション
・パス連携のパターン
・ドリブル & パスの受け方

この例を使用すると、ピッチのどこでもマンマークを積極的に行う事に焦点をあてているリーグでは、これらの要素をさらに効果的にできます。そして次のような正しいコーチングができるようになるでしょう。

「相手を理解しよう!高い位置に移動したら相手はついてくるぞ?もし低い位置に動いたらどうなる?距離を作る動きをしてみよう。」

このような再現性のある要素を多くの視点からそして多くの状況で最適に使用することが重要です。

The Players

In the end it’s the most important to create a suitable system for your players. Which players are success stable when and act well in which situations? Where not? How do the synergies between players look like? Could they occur more/better in other situations? Can we create these situations consistently? If so, how? Which aspects of their play am I realistically able to coach and enhance, which not?

This is an art in itself. Finding out how players act together is hard, especially when experimenting with new schemes, systems and so on. Culture and age is also important to note for training and the application of these aspects.

To show how this might look, I will create an hypothetical example so it’s more understandable.

In this example we will have following players for our first XI; please note that I kept the description of the players very basic and simple, in truth it’s much more complex and involves also psychological aspects, their injury history, how they orientate and position themselves naturally in some situations, their technical or athletic ability, etc.:

・One player who can build from deep but can’t play in the back line
・Another player who is an intelligent players who gives balance with average technical and great physical ability
・Two strong players who could act as centre backs who are dynamic enough to act as full backs but not on a consistent basis with above average build up for this level
・A player who’s adept at building from deep, has great distribution and reads the game well out of possession
・Two players who could play as wingbacks and wingers on each side too (although then totally different roles) but with the left wing back being more a central midfielder or even full back
・One box to box player who is a strong runner, has good feeling for space around the box and a great feel for finishing situations in the box
・A player with great ability on the ball in tight spaces, above average height and heading, lack of stamina but good speed and very good distribution
・A fairly simple player who is great in holding onto the ball, simple one-touch combinations and fast

The opponents mostly play the afromentioned man marking scheme in a 3-4-1-2 (with a sweeper as spare man). Now how do we build a system out of these 11? I, subjectively, would choose the following game model:

選手達

最終的には選手達に適したシステムを作ることが重要です。どのプレイヤーがどんな状況で安定して力を発揮できるのか?場所ではないか?選手間でどんな相乗作用が見て取れるか?他の状況ではよりよくプレーできるか?これらの状況を継続して生み出せるか?もしそうなら、どうやって?現実として彼らのプレーのどんな所を私は指導して高めることができるだろうか?

これらは芸術のようです。新しい手法やシステムを試している時に選手達の動きを一致させる方法を見ることは難しいのです。文化や年齢もトレーニングとその応用を行う場合に気をつけなければいけないことです

どのように見えるかを示すために、わかりやすい例を作成して理解しやすくします。

私が指導した最初の11人の選手を例にだします。選手たちの解説を非常に最小限に留め、シンプルにしていることに注意してください。実際には非常に複雑です。心理的、怪我の履歴、彼らが色々な状況にどのように向き合って来たのか、技術、運動能力などを含んでいます。

・ある選手は深い位置からの組み立ては出来ますがディフェンスラインのプレーはできません。
・また別の選手は平均的な技術と高い身体能力を持ちバランスを保てる賢さがあります。
サイドバックでも十分プレーできる強さを持つセンターバックが2人います。けれどもこのレベルでの平均的なビルドアップ能力を持っていません。
・深い位置から組み立てるのが上手い選手がいました。彼は試合をよく観察できていてボール保持の中心です。
・(役割は全く異なる)どちらのサイドでもウイングバックやウイングとしてプレー出来る選手は2人いました。しかし左のウイングバックではよりセントラルミッドフィールダー的なさらにはサイドバック寄りにプレーします。
・素晴らしい走力を持ったボックストゥボックス型の選手が1人いました。彼はペナルティーエリア周辺のスペースに対する勘がよく、エリア内でのシュート打つ状況を感じ取れる選手です。
・狭い場所でもボールが持てる優れた技術の選手がいます。平均的な高さとヘディングが出来てスタミナには欠ける所がありますが、スピードがりポジショニングも上手い選手です。
・ボールをシンプルに扱うのが上手い選手がいます。ワンタッチで連携を使ったり素早くプレーします。

対戦相手が前述したような(スイーパーを置く)3−4−1−2システムでマンマーキングの守備を行います。この時11人の選手でどのようなシステムを構築しますか?個人の意見として、私は次のようなゲームモデルを選びます。

An Asymmetrical 3-2-4-1/3-4-2-1

Especially in lower levels it’s hard to find a team where you can use symmetrical shapes; even if you try to most don’t play symmetrically. To utilize the potential to the fullest, it’s often required to play a bit asymmetrical. In this case the 3-2-4-1 in possession has a slightly lopsided diamond in the middle and will become a 3-4-2-1 and perhaps even a 4-3-2-1 or 5-2-2-1 out of possession.


Asymmetrical 3-2-4-1.

For simpler explanation in our hypothetical training we will pair some players which are interacting in a specific way (positional changes and balancing movements) with each other. I like to use these pairings because it simplifies orientation on this level and will come handy in something I will mention later on, too.

The left holding midfielder will be paired with the sweeper; when we get pressured he should act in the middle as option for passes and to distribute while he can drop between the left side back and the central back. This in turn allows the side backs to become full backs and push forward. We then either have two wings on each side or the wing backs can move towards the middle.

Our next pairing is the right holding midfielder with the right wing back. They should not move to far away from each other, hold positions and change them in specific situations; especially prior to a switch from the left side or in more passive situations with good marking of the opponent (obviously the cues and triggers can be much more detailed and frequent).

The left central midfielder is paired with the left wing back; here the asymmetry occurs. While the two holding midfielders are in one line, they are paired differently thus one of them will drop more frequently deeper (if we train it correctly and properly) with the other moving more often towards the wing in the second or third line of our nominal formation. The left central midfielder is positioned higher in the basic build up but has similar movement with the wing back on his side while the right central midfielder is free to roam, to move deeper and support there, to build play in higher zones or act as second striker.

Our striker upfront on the other hand is instructed to move towards the sides with a tendency to go more towards the left; he can interact with the players there and opens space for our free player on the right side of our central midfield / “top” of our lopsided diamond.

Why do we choose this? Most teams in the league, as you can remember, have a 3-4-1-2 and man marking. With these positions and movements we have

・More players in the central spaces
・Positional changes as team tactical tool to get free against man marking and mess up their spacing and coverage scheme
・The ability to build with three or two / four players in the first line and overload the wings if needed, which might be especially useful against 3-4-1-2 opponents with aggressive man marking
・Open spaces centrally with the ability to fill them by many players surrounding these zones

We can also change our pressing fairly easily against the teams in this league. If the opponent has a 3-4-1-2, we let them build and then advance aggressively after a sideways pass.

If their player in the first line is very wide, our wing back will advance to press him – the central players move towards the ball and cover these zones. If their player in the first line is narrow, our central midfielder will advance to press. If they build up with a back four we can make similar schemes or create a 5-4-1 if we want to go more stable; with a high pressing line and compactness but without pressing upfront at first.

The problems could lie in counters and presence in the last line which is why the movement of our right central midfielder and our wings will be of huge importance. Without wanting to go into too much detail: The wings and/or the central midfielder on the ball far side could already position them a bit higher and the centre forward moves towards the ball side so we have possibilities to counter and compensate the lack of players in the last line out of possession a bit.

Now the obvious question is: How do we coach this? Besides the sessions and the methodology it’s important to create easy instructions and guidelines for the players that we can use.

非対称な3-2-4-1/3-4-2-1

特に競技レベルが低いと、あなたが対称的にプレーしようとしなくても対称な陣形を使っているチームを見つけるのは難しいです。選手のポテンシャルを最大限に活用するために、しばしば非対称にプレーする必要が出てきます。ボールを持っている時に中盤で少し歪んだダイアモンド型になる3−2−4−1を使っていても3−4−2−1になったり、ボールを失った時には4−3−2−1や5−2−2−1になったりします。



非対称な3−2−4−1

トレーニングの簡単な説明のために、特定の方法(位置の変化とバランスのとれた動き)で相互作用している選手をペアとします。
ペアにするという考え方はこの競技レベルでも簡単に使うことができます。後ほど説明する事にも使います。

左の下がり目のMFはスイーパーとペアにします。プレスをかけられた時に中央でパスの受け手となります。彼はスイーパーと左センターバックの間に落ちることでパスの配球役になれます。この動きで左センターバックサイドバックになり前方に進めるようになります。そして両サイドのウイングかウイングバックの選手を中央に移動させることができます。

次のペアは右の下がり目のMFと右のウイングバックです。彼らはお互いに離れるべきではありません。ポジションを保って特定の状況でポジションを変えます。特に左サイドからのサイドチェンジや、相手の上手いマーク(より細かく頻繁にトリガーがはっきりしている、)で受け身の状態になったときです。

セントラルMFは左ウイングバックとペアになります。ここで非対称性があります。一列になっている2人の下がり目のMFのうちの一人は(正しくトレーニングすれば)深い位置に落ちる動きをよくします。今回のペアはその動きとは異なり通常のフォーメーションでは2ないし3列目でアウトサイドに向かう。左セントラルMFはビルドアップ時に高い位置をとり同じサイドのウイングバックと似たような動きをします。一方で右セントラルMFは自由に動き回ります。深い位置に移動してビルドアップをサポートしたり高い位置をとりセカンドストライカーになったりします。

一方で前方にいるFWは左に流れる傾向があるのでサイドに向かうように指示を出しています。彼はその場所で他の選手と連携することができ、ダイアモンドの頂点にいる右セントラルMFはフリーになりながら空いたスペースに飛び出します。

どうしてこのような形を選んだのでしょう?私が記憶が確かならリーグの大抵のチームが3−4−1−2でマンマークディフェンスをしていました。このようなポジショニングと動きをすることで、

・中央に多くの人数をかける。
マンマークからフリーになるためにチーム戦術としてポジションチェンジを行う。そしてスペースを作り出し相手の狙いを台無しにする。
・第一ラインの3もしくは4人でのビルドアップ能力にもし必要ならウイングの選手を参加させる。特に3−4−1−2で積極的なマンマークを仕掛けるチームに有効になる。
・多くの選手が集まり中央を埋めてしまうので、周辺に選手を配置してスペースを作る。

私達のチームはこのリーグの相手にあわせて、プレッシングを切り替えることもできます。もし相手が3−4−1−2の並びなら、サイドにパスを出した後に積極的に前進するようにさせます。

もし相手DFラインの選手が横に広がっているなら、我々のチームのウイングバックにプレスを掛けさせます。中央にいる選手達はボールに向かわせカバーさせます。もし相手DFラインが狭ければ、セントラルMFにプレスを掛けさせます。もし相手が4バックでビルドアップをしようとしたなら、私達は同じ形が5−4−1にします。もし安定をより重視したいなら、高いプレスラインとコンパクトさが必要です。最初から前にプレスを掛けなくても良いです。

カウンターを受けた時の問題には最終ラインの前にいる右セントラルMFとウイングが非常に重要になってきます。あまりに細かい所まで話ませんけれど、ウイングとボールから遠いサイドにいるセントラルMFはすこし高めの位置取りをしています。中央にいる選手をボールサイドに移動させることができるので、ボールを失った時に最終ラインの選手が足りない時に補う事ができます。

ここで問題です。これまでの動きをどのように指導すれば良いでしょう?話し合いや方法論の他に、選手達のために簡単な説明書やガイドラインを作っておきことが重要になってきます。

後編に続きます

Tactical Theory: the various methods of dismarking 戦術の基礎:マークの外し方 翻訳 後編

戦術のセオリー:マークの外し方 後編です。 前編はこちら


画像、動画、本文は全て以下のサイトからの引用です。
https://spielverlagerung.com/2017/08/04/tactical-theory-the-various-methods-of-dismarking/

Group-tactical dismarking
Although man-marking creates several individual duels and can at times lead to a focus on these individual battles, there is huge potential in group interactions to beat individually focused opponents. Group-tactical dismarking then, refers to dismarking methods heavily involving two or more individuals.

It’s important to note that group-tactical methods are not mutually exclusive to the individual methods detailed above. In fact, many of the individual methods enhance the group-tactical ones, and several are fundamentally connected.

グループ戦術によるマークの外し方
マン・マーキングはデュエルを生み出し、時にはこれらの個々の戦いに着目することはできますが、個人に注目して相手を打ち負かすためにグループの相互作用を使うことには大きな可能性があります。グループでマークを外すとは、2人もしくはそれ以上でマークを外す事です。

重要なことはグループ戦術とはこれまでの個人戦術とは排他的では無いということです。事実、個人戦術の多くはグループ戦術を強化し、またいくつかは根本的につながっています。

Using the 3rd man
One sub-category of group-tactical dismarking is playing with the 3rd man. Using the 3rd man refers to moves where player A indirectly passes to player C, using player B as an intermediary. Using the 3rd man can occur in three main forms; wall passes, layoffs and 3rd man runs.

第三の選手
グループでのマーク外し戦術の中に第3の選手があります。第3の選手とは、選手Aが選手Bを仲介として使い、選手Cにパスすることです。第3の選手には3つの型があります。壁パス、レイオフ、そして3人目の動きです。


3rd man wall passes
In most forms of man-marking the defending side leave at least one spare man in the defensive line. This in turn leaves their front line underloaded against the back line of the opponent. As such, one of the possession team’s centre backs are usually free on the ball. In order to advance, the possession side need to transfer this “free man status” further forwards.

As mentioned previously, dribbling towards goal is a common and effective way of creating a free man further up field. The active dribble will, at some stage, attract pressure from the opponent to prevent the dribbler advancing too far up the field. This presser will leave their assigned opponent in the process, the previously marked opponent becomes a free man.

However, they are rarely directly accessible since the presser will often use their cover shadow to block the opponent they were previously marking. An alternative route is therefore necessary. As discussed earlier under receiving patterns, the goal-side positioning of the markers creates open passing lanes to the players of the possession side.

As such, they can effectively play first time passes, since the small time period on the ball gives the defender little chance of access. The nearby marked team-mates can thus provide the alternative route to access the free man.

In these situations, it’s important that the player providing the alternative route is close to the ball carrier and the next receiver. As I wrote last year in my theoretical analysis of the blind side;

“Essentially this makes use of the fact that one opponent can only cover a player from one direction, the key therefore is to create an alternative passing route to the team-mate. The alternative passing routes can only be created effectively if the ball can be moved into another position quicker than the opponent can re-position themselves. Therefore it is vital to create a passing option in close proximity to reduce the opponents’ time to react”

第3の選手との壁パス
ほとんどのマンーキングディフェンスでは防御側は少なくとも一人をDFラインに選手を余らせます。これは前方の選手がかわされても後方の守備ラインに負担をかけないためです。そのため、ボールを持っているチームのセンターバックは大抵フリーでボールを持てます。ボールを前進させるためには、ボール保持側はこの”フリーの状態”をさらに前方につくる必要があります。

これまで述べてきたように、ドリブルでゴールに向かうことはフィールドにフリーマンを作る一般的で効果的なやり方です。積極的にドリブルすると、ある段階から相手からプレッシャーを受けるのでドリブルでは余り長い距離が前進できなようになります。プレスを掛けると役割を外すことになり、その前にマークしていた選手をフリーにしてしまいます。

しかしながら、プレスを掛ける時にはそれまでマークしていた相手をブロックするためにカバーシャドウを使うことが多いので、ドリブラーに直線的に向かってくることは稀です。したがって別のルートが必要です。ボールを受けるパターンの所で述べてきたように、マークする選手がゴール側にポジションをとるとボール保持側の選手にパスコースを作られてしまいます。

そのため、まず最初にパスが効果的なプレーとなります。ボールが短い時間で動くと守備者が寄せるチャンスは少なくなります。
近くでマークに付かれた味方はフリーマンへとつなぐ代わりのルートを提供することができます。

この場面では、ボール保持者に近づき次の受け手になるためにパスコースを作ることが重要です。昨年の"blind side"という分析記事で解説したことです。

一人の守備者は相手を一方向からしかカバーできないという事実を利用します。大切なのは味方が代わりのパスコースを作ることです。代わりのパスコースとは守備者がポジションを修正するよりも素早くボールを動かせる位置である時のみ効果的です。したがって守備者の反応する時間を短くするために近くにパスの選択肢を作ることが不可欠です。

https://streamable.com/kja3s
https://vimeo.com/183193832


Opening and/or using the deepest route and layoffs to the 3rd man

Due to the opponent-orientation, man-oriented defences often lack compactness, with small distances to the opponent favoured over small distances to the team-mate. In turn they are usually unable to prevent passes into even the most advanced attackers.

In fact, against a man-oriented defence the only reason that the most advanced attackers would not be reachable immediately is due to the positioning of the possession side itself. If a player on the possession team is positioned in the passing lane (blocking) to another team-mate, it follows that the player’s marker will also be blocking this lane. The possession side will effectively be halving the workload of the nearby defenders.

In a positional approach then, good spacing is vital to keep as many passing lanes as possible open. With all passing lanes open, there are huge benefits in using the furthest option possible.

“When a team defends man to man, you have to play a lot with the striker” Pep Guardiola May 2017

When the ball and the opponent are both in front of a defender, the decisions and actions are simple. They can see the ball, and their opponent and can simply press forwards if their opponent receives the ball. When the ball moves behind a defender, their decisions and actions become difficult. Seeing both the ball and the opponent is no longer possible. This is particularly an issue for man-markers, since they need to see the opponent if they are to mark them.

When the possession side play directly to a striker from deep, the ball has moved beyond the midfield and forward lines of the defending team. The attention of the defending midfielders and forwards is now drawn to the ball. This is a vital reaction since the ball’s movement will imply their next action, for example if a defender is outplayed, a nearby midfielder will need to drop.

However, this reaction also creates the potential for the deeper players to become free. In some instances, the defending midfielders and forwards will adjust their position when the ball goes beyond them, preparing to cover, whilst in other cases, they remain in position. In either case, their focus on the ball creates the potential for a blind side adjustment from the possession side. By moving out of their previous markers’ cover shadow, the midfielders on the possession side can become available for layoffs.

With a long pass, the time taken and the predictable nature of its destination means the defenders can generate high pressure where the ball arrives. Having an option to lay the ball off, is thus of huge importance. Naturally then, using the 3rd man is an efficient solution. Due to the aspects described above, when receiving the lay off, the 3rd man will have a forwards facing field of vision, as well as space, advantageous conditions for a progressive next action.

An additional point to maximise the benefits of this pattern is the direction of the layoff. Pressure will accumulate in the lane where the ball was played to the striker. If the lay off is made within the same lane, the pressure can easily be transferred from the striker to the next receiver. Ideally then, the layoff will be made diagonally, meaning more space for the receiver, as well as having a forwards facing field of view.

This same pattern of using the deepest route and laying the ball off, can be performed in a more dynamic way. Although it seems counterintuitive, there are some benefits of having a structure where midfielders are positioned in the passing lanes from defenders to the attackers.

When the possession side start with such a structure, the movement of the players will likely be in a direction that opens the route to the next lines. In the positional approach explained above with all passing lines left open, all the oppositional defenders must be aware since the ball could immediately reach the opponent they are marking.

Alternately, in this dynamic approach some of the possession side’s players are not immediately available, since team-mates and thus opponents are directly in between. When a defender’s direct opponent is not immediately reachable, the attentional demands are reduced, often leading to looser marking.

The possession side can take advantage of this with quick movements to open the line to a more advanced team-mate. In many cases, this will mean movement into wider positions to open a vertical passing option. If the movement and pass are quick enough, the advanced team-mate may receive the ball with enough separation from their opponent to turn towards goal. If not however, the wide movement from the deeper team-mate can easily translate into a curved run to receive a layoff.

A further interesting note about the dynamic approach to this pattern, the prior movement to open the direct passing lane means that by the time the layoff is received the receiver will have momentum.

深いパスコースを使い第3の選手にレイオフする
相手を基準とする人指向のディフェンスではコンパクトさに掛けることがよくあります。味方との距離よりも相手との距離を短くしようとするからです。最も前にいる攻撃者へのパスでさえ防ぐことができません。

実際に、人指向のディフェンスが最も前方にいる攻撃者に寄せられないのはボール保持側のポジショニングが理由です。もしボール保持側のチームのパスコース(ブロックされている)に別の選手が位置していると、マークする守備者もこのレーンをブロックするでしょう。こうするとボール保持側は近くの守備者の働きを効果的に半減させることができるでしょう。

ポジショナルプレーの発想では、たくさんのパスコースを保つには適切な間隔を取ることが重要です。パスコースを全て開けるようになると、可能な限りの選択肢を使えるので大きな利点となります。

「マンツーマンディフェンスでは、FWとのプレーの数を増やさねばなりません」by ペップ・グアルディオラ

ボールと攻撃者の両方が守備者の前にいるとき、守備者が決断しアクションを起こすことは簡単です。彼らはボールと相手を見ることができ、もしボールを受けたなら単純にプレスを掛ける事ができます。ボールが守備者の背後に動いた時には、アクションを起こすことは難しいのです。ボールと相手を同時に見ることが不可能になるからです。これは特にマンマークでの課題です。マークするためには相手を見る必要があります。

ボール保持チームが深い位置からFWを直接つかうときにボールは守備チームとFWとMFの守備ラインを超えていきます。するとFWとMFは注意はボールに引きつけられます。ボールの動きは次の行動を示唆するので守備者のこの動きは重要な反応です。たとえばもしDFがプレーできないと、近くのMFがポジションを下げる必要が出てきます。

しかしながら、この反応はより深い位置にいる選手をフリーにしてしまう可能性を生み出します。例をあげると、守備側のMFとFWはボールが背後に行った時にポジションを修正してカバーの準備をします。その他の状況ではポジションを保ちます。どちらの場合でもボールに焦点を当てるとボール保持側から死角を作る可能性がでてきます。カバーシャドウされている選手が動くことで、ボール保持側のMFはレイオフが可能になります。

ロングパスでは時間が掛かることと目的地の性質から、守備者はボールの近くで高いプレッシャーを掛けることができます。レイオフする選択肢を持つことは非常に重要です。当然の事ながら、3人目の選手を使うことが効果的な解決方法です。レイオフを受ける時に3人目の選手は前方に視野を持ちスペースを得られます。次のアクションをとるために有利な状況です。

このパターンの利点を最大限に生かすポイントはレイオフの向きです。FWに渡ったボールのレーンではプレッシャーが強くなっています。もしレイオフを同じレーンにすると、FWから次のパスの受け手へとプレッシャーの対象を簡単に切り替えられます。レイオフは斜めに行うのが理想で、受け手にスペースを与えて同じように前方への視野を確保します。

https://streamable.com/0935i
(縦パスと同時にワンタッチでパスを受けられる場所にサポートに入っている事を見てください。この動きがレイオフです。)

最も深い位置へのパスコースをレイオフを使うパターンではよりダイナミックな方法があります。直感的ではないかもしれませんが、DFからFWへのパスコースにMFがポジションを取る形でうまいやり方です。

ボール保持側がそのような位置取りで開始すると、選手の動きが直接次のパスコースを開ける可能性が高くなります。全てのパスコースが空いている時に説明した様な位置的要素から考えると、ボールが守備者のマークしている選手に届くので全ての守備者が注意をしなければいけません。

代わりに、このダイナミックなアプローチでは味方と相手が間にいるので、ボール保持側は一部の選手を使うことができません。守備者にとってマークする直接の相手がすぐに使われない時には、注意力が落ちるのでしばしばマーキングが緩くなります。

ボール保持側はこれを利用して素早い動きでより前方にいる味方へのパスコールを開ける事ができます。多くの場合、サイドに開く動きによって縦へのパス選択肢をつくることを意味します。もし開ける動きとパスが十分に素早ければ、前方の味方は相手のマークを外しゴールへ向かうボールの受け方ができるでしょう。もしそうでなければ、サイドに開く動きをした選手はレイオフを受けるために走る動きに切り替えます。

このダイナミックなアプローチについてさらに興味深い所は、直接的なパスコースを開ける前の動きがレイオフを受けるまで受け手の勢いを保つ事につながっている事です。

3rd man runs
3rd man runs are the third pattern of playing with the 3rd man. Third man runs differ to the other third man patterns, in that the 3rd man is used for a dynamic breakthrough past a line of the opponents’ defence (usually the back line).

Similar to using the deepest route and laying the ball off (explained above), the feature that makes 3rd man runs difficult to defend is the attention that the ball’s movement demands. In my theoretical analysis of the blind side, I explained in detail the issues that 3rd man runs pose to defenders, here I will make it specific to man-marking.

Whilst seeing the opponent is an important factor for any defence, it is particularly important if you are tasked with marking them. In many 3rd man run combinations, the first pass bypasses at least one line of the opponents’ defence, often the midfield line.

If this initial pass moves on the inside of the defending midfielders, they have to adjust their body position to see the ball. This opens the potential for blind side runs on the outside of these defenders. If the initial pass moves past the outside of these defenders, the potential for blind side runs is on the inside of the defender, particularly dangerous since it’s closer to goal.

Whilst the defender changes their body position, and reads new information (pressure on the ball, direction etc) they are tasked with marking a runner. Even if the defender remains aware of the blind side runner, the act of changing body position, whilst their opponent sprints forwards creates a dynamic disadvantage that is difficult to negate.

This dynamic advantage is what allows the runner to breakthrough lines of the opponents’ defence. The last line defenders may switch from their assigned opponent, to tracking the runner, but they have to attempt this from their previously static position. At this point the runner will have significant momentum.

The speed of the ball’s movement must also be mentioned. When the ball moves at high speeds, access is very difficult for the defence, and on an individual level, the constant adjustment of their field of view makes losing their opponent more likely.

第3の動き
3人目をつかうパターンの3つ目は第3の動きです。第3の動きは他のパターンとは違い、3人目が相手守備(大抵はDFライン)を超えてダイナミックに崩すために使われます。

深い位置へのパスとレイオフ(前述しています)と同じように、第3の動きの特徴としてボールの動きに注意が向くので守るのが難しいという事です。私の”blind side”を分析した記事で、第三の動きを守る際の問題について詳しく説明しました。ここでは特にマンマークを対象にします。

どんな守備でも相手を見ることは重要で、もしマークに付く時にも大事な事です。多くの第3の動きによる連携では、最初のパスは相手守備ラインの少なくとも1つ、中盤のラインを迂回させます。

この最初のバスがもし守備側の中盤の中に入ると、ボールを見るために体の向きを調整します。こうして守備者の外側である死角を走る事で可能性が出てきます。もし最初のパスが守備の外側に動いたら、特にゴールに近い危険な守備の内側に死角ができる可能性があります。

守備者が体の向きを変えると、新しい情報(ボールへのプレス、方向など)を得て走る選手のマークにつきます。もし守備者の死角を走る選手に気づいても体の向きを変えます。前方に走る攻撃者は打ち消すことが難しい不利益を生みます。

相手守備ラインを突破する走者は大きな利点になります。最終ラインのDFは走る選手にマークを変えるかもしれない、けれどこの動きを静止した状態から試みなければいけません。この時点で走者は大きな勢いを持つことでしょう。

ボールのスピードについては語ってきませんでした。ボールが速く動く時、個人レベルでデフェンスは関わるのが難しくなります。彼らの視界の絶え間ない調整が相手を見失う可能性を高めます。

https://streamable.com/x8gz6

Dynamic positioning
Dynamic positioning is another sub-category of group-tactical dismarking. This simply refers to the attacking side’s approach to finding and acting in space, dynamic positioning is where the attacking side primarily use movement to find space.

On an individual level, dynamic positioning is quite a natural response to man-marking, being the result of trying to lose one’s marker. However, it can be applied more consciously on a group level; through positional rotations, opposite movements or overlaps.

動的なポジショニング
動的なポジショニングはグループ戦術によるマーク外しにおけるもう一つのカテゴリです。これは単純に攻撃側のスペースの発見と行動のアプローチのやり方を示しています。動的なポジショニングとは攻撃側がスペースを見つけるための動きです。

個人レベルを基準にすると、動的なポジショニングはマンマークへの自然な反応で、結果としてマークを外そうとすることです。しなしながら、ポジションのローテーション、逆への動きやオーバーラップなど、グループレベルで意識して行う事が可能です。

Positional rotations
As explained within the individual dismarking section, man-marking is inherently reactive. The nature of following means reacting, and markers often experience a disadvantage due to this. This is the key factor that positional rotations exploit to create advantages.

Positional rotations refers to when two or more players in the possession team swap positions. When one attacker begins a movement, they will briefly create separation from their opponent, giving them the effect of a free man. If this, momentarily free, attacker moves towards another defender, it creates a brief 2v1-like situation.

If the 2nd attacker moves in a different direction simultaneously, the defender has to decide between following their original opponent or staying in position to mark the incoming attacker. Both decisions, of course, imply how the first attacker’s marker should react. If the defender chooses to follow their original opponent, the second defender has to move quickly to also follow their original opponent.

Alternately, they can perform a switch, where they both hold position and mark new opponents, but this goes against the instinct of a man-marker who is trained to follow any movement.

The decision of the first defender is tough, and has to be made at speed, the second defender must quickly react to the first defender’s decision. Creating these decisional crises is what makes positional rotations effective.

In many cases the first defender fails to make a decision quickly enough, being caught between the two opponents, temporarily leaving both free. The second defender then has to read their team-mates’ indecision, and take a decision, by which time one of the moving opponents could have received the ball.

ローテーション
個人でのマーク外しで説明したように、マンマークとは反応する動きです。反応する動きであることはマーカーが不利であるということを意味しています。ローテーションが有利を作るために活用できる要因となります。

ローテーションとはボール保持チームの2人もしくはそれ以上の選手がポジションを入れ替えることです。1人の攻撃者動き始めた時、相手マークから離れてフリーマンを作る効果があります。もし一時的にフリーになった攻撃者が別の守備者にむかって動くと2対1の様な状況を作ります。

もし二人目の攻撃者が同時に別の方向に動くと、守備者は元々マークしていた相手についていくか向かってくる攻撃者をマークするために留まるのかを決めなくてはなりません。どちらの決断でも最初の攻撃者に対してどのように反応すべきなのかを意味します。守備者が元の相手についていくと、二人目の守備者もマークしていた相手に素早くついていかなくてはなりません。

反対に2人の守備者がマークを受け渡す事ができますが、どんな動きにもついてくようにトレーニングされたマンマークとは逆らった動きです。

最初の守備者の決断は難しく素早く行わなければいけません。二人目の守備者は一人目の決断にすばやく反応しなければいけません。
このような決定的な場面を作ることはローテーションが効果的であると言う事です。

多くの場合、一人目の守備者は十分に素早く決断するのに失敗してしまいます。2人の相手の間で捕まえられずどちらもフリーにしてしまいます。二人目の守備者は味方の決断を読みより次の動きを決めなければいけません。そうして相手にボールを受ける時間を作られてしまいます。

Opposite movements
In some ways, opposite movements can be considered as a type of positional rotation since they share many of the same factors and effects. An initial movement is used to create a temporarily free attacker, whilst a nearby team-mate moves away, giving both markers a decision to make.

Within opposite movements however, the attackers do not switch positions, but simply move in opposite directions. Just like positional rotations, creating “2v1-like” situations for the defenders is the key effect here.

Vertically opposite movements also have the characteristics of vacating position. If an attacker drops from one line of the opponents’ defence to another, their marker will be reluctant to follow if another attacker is running from deep towards them.

The problem for defenders in these situations is that they are trained to follow any movement, so the movement will initially be covered. When the opponent continues to move, far from their original position, the defenders are caught between this trained instinct to follow, and the understanding that moving so far out of position will create an unbalanced structure.

Since the priority when defending is to protect the goal, both defenders usually prioritise the opponent moving towards goal. Therefore, the attacker who moves towards the ball is often, briefly, left free to receive the ball. Only when both defenders are sure that the opponent moving towards goal is covered, will they move to press the one coming short.

逆の動きはいくつかの理由から同じような効果が持っているのでローテーションの一種と考える事ができます。初期動作は一時的にフリーの選手つくるために使われ、味方から離れていく事によってマーカーに決断を迫ります。

逆の動きではポジションチェンジを行いません。単純に反対向きに動きだけです。ローテーションと同じように”2対1”の様な状況を作ることが、ここでは大切な事です。

縦方向の逆の動きはポジションを明け渡す性質を持っています。もし攻撃者が守備ラインから落ちる動きをしたとき、もしマーカーの方に走ってくる別の攻撃者がいたときには守備者は追いつくのは難しいでしょう。

これらの状況で守備者はどんな動きに対してもついていくようにトレーニングされていることが問題になります。そのため初期動作をカバーしようとします。
マークする相手が動き続ける事で元の位置から遠く離れることと、訓練された動きでこのまま動き続ければ守備陣型を崩してしまうと守備者は考えます。

ゴールをま持つ事が守備では優先されるので、両方の守備者はゴールに向かっていくる相手を優先して守ります。したがってボールに向かって動く攻撃者は簡単にボールを受けられることがあります。どちらの守備者もゴールに向かってくる相手がカバーされていると確信しているときだけ近くの相手にプレスを掛けるでしょう。

https://streamable.com/809ne

Using open man and combining past pressure
The idea of leaving a spare defender for cover, whilst the rest of the team-mates man-mark is highly common in most man-oriented teams. In some forms of man-marking, the individual marking is mixed with ball-orientation as a team. This means the ball-far players are positioned more narrowly to help cover the centre. This of course means the ball-far defenders have bigger distances to their assigned opponents. The distance for the possession team to access these ball-far players gives time for these covering ball-far defenders, however there are potential advantages in playing to the ball-far side.

Since the players on the ball side will be marked tightly, receiving the ball in a static position will mean receiving under heavy pressure. The static position also makes the pressure very difficult to outplay with an opponent so close, who can close the ball carrier’s potential movement angles before the ball is moved.

On the ball-far side however, the larger distance to the opponent gives the receiver a small time frame to receive, before their marker comes across to press. This time frame can be used to take a touch forwards, allowing the possession team to push the opponent deeper.

Alternately, the receiver can take advantage of the favourable situation-dynamic. In this situation, the receiver gets the ball in a relatively static position, whilst the opponent comes towards them. If the receiver has a nearby passing option, they have the potential to combine past the pressure. By passing the ball whilst the opponent presses, the carrier can ensure the ball bypasses the opponent.

The receiver of the next pass will be pressed from behind, and will thus need a passing option. The previous passer can quickly move into space immediately after passing, to go against the grain of the pressing opponent. As such, they can become available for a return pass, breaking the pressure in the process.

Although exploiting the far side was used for a simple explanation, the same dynamic can also be created on the near side. When the possession team can pass to a team-mate who has a passing option and incoming pressure, this same dynamic can be created.

The general idea is that the ball carrier passes and moves into space WHILST the opponent moves towards the carrier, going against the grain of the defenders’ movement to create a dynamic advantage and breakthrough.

フリーになった選手と相手のプレスを組み合わせる
味方がマークについたときカバーのために守備者を余らせるのは人指向の守備をするチームにとっては当たり前の考えです。マンマークの形態としてボール指向の守備を混ぜて使うことがあります。これはボールから離れた守備者がマンマークのカバーをするために距離を短くポジション取りをするということです。もちろんこれはボールから離れたディフェンダーは彼らが注意している相手からの距離も離れているということです。ボールから離れた守備者はボール保持側との距離があり時間を与えられるので、有利にプレーできる可能性があります。

ボールの近くにいる選手は厳しくマークされるので、止まったままボールを受けると強いプレッシャーを受けることになります。また止まったままだと激しいプレスのために近くの相手から離れてプレースすることも難しくなります。ボール保持者がボールを動かす方向を守備者は制限できます。

ボールから離れると話は変わってきます。相手は距離がはなれているためプレスを掛ける前にボールの受け手に少し時間を与えてしまいます。前に進むためにこの時間を使い、ボール保持チームはより深い位置へと進んでいきます。

さらにボールの受け手は動的に状況をつくり利益をつくる事ができます。受け手は立ち止まったままボールを受けると相手が向かってきます。もし受け手が近くにパスを出す選択肢を持っていれば、プレッシャーを利用できる可能性が出てきます。相手がプレスを掛けている間にパスを出すことによって安全に相手をかわしていく事ができます。

パスの受け手は背後からプレスを受けるのでパス選択肢が必要になります。パスを出した後に相手がプレスを掛けるためにほんの少し動いたスペースに向けて、パスの出し手は素早く動きます。このようにすれば壁パスを有効に使って相手のプレスを破っていくことができます。

https://streamable.com/4ywio

説明を簡単にするためにボールから離れた場所を例にしていましたが、ボールに近くても同じように機能させることができます。ボール保持チームがプレスを受けていてもパスの選択肢を持っていれば味方にパスすることができて、同じような機能性を作ることができます。

相手がボールに向かって来る時にパスを出してスペースに走る事はよくあるアイデアで、守備者の動きに対抗することで利益を得て相手を崩します。

A final note
All the patterns detailed above share a dynamic nature (at some point in the process) which is a logical necessity, if one is to create separation from an opponent that is trained to mark tightly.

An interesting point is how the reactive nature of man-marking, forces pro-active actions from the attacking side. To effectively beat man-marking, the movement and actions on the ball often need to be manipulative. These manipulative actions aim to create dilemmas where man-orientation will create undesirable situations for the opponents’ defensive structure, and abandoning their marking assignments is the alternative.

Acting to manipulate, the attacking team can have “prior knowledge” of the situations that their movements/actions on the ball are likely to create. This prior awareness will have benefits when it comes to exploiting the resulting situations.

終わりに
ここまで述べてきたパターンは、厳しくマークするよう訓練された相手選手からフリーになるために必要な論理性を解説したものです。

マンマークは攻撃側によって動きを強制される反応性をもった動きであることが興味深い点です。マンマークを効果的に打ち破るためには、選手の動き出しやボールを動かすことを巧みに行う必要がある事がよくあります。これらの巧みな動きは人指向である相手の守備陣形を好ましくない状況にしたり、マークする相手を離すかどうかといったジレンマを作ることを目指しています。

動作を巧みに行うことで攻撃側のチームはボールへのアクションが作り出す状況を「事前に知る」ことができます。事前に知ることで結果的に起きる状況を上手く使うことができるのです。