Take it easy

サッカーブログです。

自分なりにサッカーの捉え方を考えてみる。 状態遷移を更に拡張してみよう

シリーズ3回目です。状態遷移図をさらに拡張していきましょう。

 

tomex-beta.hatenadiary.jp

tomex-beta.hatenadiary.jp

 

f:id:tomex-beta:20180904100917p:plain

この図を元に話を進めていきます。

 

◆状態遷移の難易度

ゴールを目指して状態⑤から①へと進めていくわけですが、それぞれの状態遷移の難易度には違いがあります。ゴールに近づくほど難易度は高くなり、それにしたがって「攻撃から守備の切り替え(ネガティブ・トランジション)」に移りやすくもなります。

状態遷移のしやすさを矢印の太さで表してみましょう。

f:id:tomex-beta:20180904102139p:plain

状態①(ゴール)に近づくと遷移が難しくなるとは、ゴールに近づくことで相手守備の強度が増してくることを意味します。ゴールラインに近づく事で使えるスペースも時間も限られていきます(カウンター時は除く)。そしてボールを失う可能性も高まる事を矢印の太さで表しています。

状態を一つ戻す矢印を付けているのは、攻撃の手戻りを示しています。次の状態へと移るのが難しくて「攻撃から守備への切り替え」局面に変わりそうなら、あえて一つ前の状態に戻すして攻撃をやりなおすという考え方があります。ボール保持を重視するチームによく見られる動きですね。

 

◆個人と戦術(グループ)

 状態⑤から①に近づくにつれて、状態を遷移させるためには戦術よりも選手個人の能力が占める割合が増していきます。

f:id:tomex-beta:20180904105518p:plain

実際に起こるプレーを例に上げると、キーパーとの1対1(②から①への遷移)や良いクロスを上げる(③から②への遷移)など、これらのゴールに近い状態でのプレーには(チーム)戦術の要素はほとんど無くなってきます。

一方で自陣低い位置からのビルドアップでは、ボランチが降りてきて相手FWに対して数的優位を作る(⑤から④への遷移)など、ほぼパターン化した動きを行ってボールを前進させているはずです。

通常、戦術と呼ばれるのは複数人で協調して行う動きです。協調した動きをデザインするのは監督の役割です。ですから上の図の戦術=監督としても良いのかもしれません。

「戦術で出来るのは1対1を作るまで」という言葉がありますが、これは監督が意図した戦術の影響力に限界があることを示しています。戦術と個人が組み合わさる事でゴールは生まれます。

たまに得点が取れない時に「決定力不足」と理由付けられる場合があります。ここで真に「決定力不足」と呼べるのは、状態②までは何度もたどり着いているけれども①に遷移させることが出来ていない現象を示します。状態②までたどり着いていないのに「決定力不足」と夜結論づけて思考を停止させる事が無いようにしたいですね。

 

◆カウンターと状態遷移、そしてゲーゲンプレッシング

サッカーにおいてカウンターは常に有効です。なぜ有効であるかというと攻撃を状態②から開始できるからです。

f:id:tomex-beta:20180904221542p:plain

カウンターの定義は「相手の守備が整う前に攻める」です。カウンターが出来たら状態②から攻撃できる、というよりは相手の守備陣形が整っていないから状態②から攻撃できるのがカウンター、という方が正確かもしれませんね。

カウンターを開始できると⑤~②までの状態遷移を一気にすっとばして攻撃できます。ゴールに近い状態から開始できるので有効という訳です。

カウンターは有効な攻撃ですが、相手が攻めてきてくれるという条件が必要です。そこで自分達から能動的に動いて、強引にカウンターの状況を作ってしまう発想が生まれます。高い位置でボールを奪い取りゴールから近い位置でカウンターをしかける、ハイプレス→ショートカウンターのコンボです。ハイプレスは相手が⑤や④状態の時にボールを奪いにかかる戦術です。可能性は低くはなりますが、成功するとカウンターを自ら発動できるという見返りが待っています。

 

ハイプレスをさらに推し進めた戦術にゲーゲンプレス(カウンタープレス)があります。

f:id:tomex-beta:20180904224758p:plain

ゲーゲンプレスは高い位置でボールを失った直後にすぐさまプレスをしかけてボールを奪い返してしまう戦術です。必然的にショートカウンターを狙うチャンスが生まれます。遷移図で表すと「攻撃から守備への切り替え」局面に遷移したのを「攻撃」局面に戻してしまいます。サッカーの4局面の循環を無理やり逆回転させてしまう、とっても強引な戦術です。

 

 ◆状態の一つ飛ばし

 攻撃は状態⑤からスタートして一個ずつ進めていくのが普通なのですが、

手数をかけずに⑤から③へと状態を一つ飛ばしてしおう、という発想もあります。

f:id:tomex-beta:20180904225721p:plain

 まず思い浮かぶ手段は、背の高いターゲットマンに対してロングボールを送りこぼれ球を拾うことです。どれだけ良いターゲットマンでも競り勝てるのは5割ほどでしょう。さらにこぼれ球を拾うのも確実性の低いプレーです。それだけ状態を一つ飛ばすには確実性を犠牲にしているということですね。

 

ところがCLに出るような欧州のトップクラブの間では、長くて高いパスを使わずに状態の一つ飛ばしを行う試みがなされています。「中盤の空洞化」と呼ばれています。CBやGKといった選手達のパス能力の目覚ましい向上と工夫されたポジショニングによって、後方から中盤を通さず前線に直接グラウンダーの縦パスが送られているのです。もはや状態④は必要なくなっているのかもしれません。それによってこれまで司令塔と呼ばれていた中盤下がり目の選手に課せられる役割も変わってきています。

 

◆まとめ:サッカーの評価は難しい

 自分の頭の中でサッカーをどんな風に捉えているのか考えながら書いてみました。

攻撃の局面について更に状態を複数に分けています。これはおそらくポジショナルプレーの影響ですね。解説記事によく「守備ラインを突破する」という表現が出ているので、そこに焦点を当てて抽象化を行って状態遷移図としてまとめました。

 

もちろんこれだけでサッカーを表現できている訳ではなくて、ここから更に分析を進めていくためのきっかけにしています。例えば得点が取れなかったという結果に対して、攻撃の局面でどの状態遷移に問題があるのか注目点を定めることができます。結果と問題を上手く結び付けられると修正するポイントも明確になるでしょう。

 

 サッカーという競技では内容と結果にあまり強い相関が無いと感じています。内容が悪くても勝ち点3を取ったり、その逆が起きることも日常茶飯事です。そのためにチーム状況を見誤ってしまうこともあります。実際に起きているプレーを正しく評価する必要があります。今回作成した状態遷移モデルをチームの評価を行うためのツールの一つになるかもしれません。

”Training analysis: Markus Gisdol’s time in Hamburg” トレーニング分析 ハンブルガーを指揮したマーカス・ギスドル 後編

tomex-beta.hatenadiary.jp

前編の続きです。

 

少し解説しますと、こんかい取り上げられているマーカス・ギスドル氏ですが、ランゲニックから影響を受けたと解説されていました。

ランゲニックは現在ライプツィヒの暫定監督をしています。プレースタイルの特徴はピッチを狭く使い、あえてカオスを作り出しトランジションで優位をとろうとします。今流行りのポジショナルプレーとは対極のスタイルですね。

そういうわけで、ギスドルの行った練習はどれもトランジションの要素が含まれているという訳です。

 

文章、動画は以下のサイトからの引用です。

spielverlagerung.com

続きを読む

”Training analysis: Markus Gisdol’s time in Hamburg” トレーニング分析 ハンブルガーを指揮したマーカス・ギスドル 前編

監督の仕事は試合の前に8割方終わっていると言われますが、その中身についてはブラックボックスに近い状態です。

今回はプロフェッショナルの監督が行ったトレーニングを分析した内容となっております。意欲的な試みで勇気のいる記事だと思われます。いつものようにspielverlagerungに感謝を。

 

spielverlagerung.com

 

続きを読む

マルセロ・ビエルサ スウォンジー戦会見 翻訳

リスペクト企画です。

note.mu

 

山口弁での翻訳を受けて、京都寄りの関西弁での翻訳です。

訳者やニュアンスの違いによる趣きを楽しんで頂けたら良いですね。

 

 

続きを読む

自分なりにサッカーの捉え方を考えてみる。 遷移条件を考えてみよう

前回の続きです。

tomex-beta.hatenadiary.jp

 

f:id:tomex-beta:20180816114846p:plain

前回の図を元に続けていきましょう。

 

◆①~⑤状態の遷移

f:id:tomex-beta:20180821215516p:plain

要となる5状態です。ゴールに①番をつけているのは、攻撃はゴールから逆算するという個人的なポリシーからです。通常のゲームでは⑤から徐々に番号を減らしていく最終的に①の状態(ゴール)にするのが攻撃の局面の目標になります。

ではどうすれば番号を減らすことが出来るのか。

この遷移条件を自分は「守備ラインを突破すること」と定義しています。上の図に遷移条件を加えてみましょう

f:id:tomex-beta:20180821221110p:plain

ここで急に出てきた守備ラインって何なん?という事になりますね。

たとえば4-4-2システムなら、2FWでFW守備ライン、4MFでMF守備ライン、4DFでDF守備ラインです。

もちろん守備側のシステムによってそれぞれの人数は変わります。

 

◆状態と守備ラインとの関係

遷移条件である守備ラインと状態との関係をピッチ上で当てはめてみるとこんな感じになります。

f:id:tomex-beta:20180821222137p:plain

 守備ラインと2~5状態の位置関係を図にしています。

ドリブルやパスを使ってボールが相手ラインを通過すれば、状態も1つ次に進むわけです。それぞれの状態につけているテキストのイメージもつかめるんじゃ無いかと思います。

状態②=シュートを狙える。

状態③=シュートチャンスを作り出せる。

状態④=攻撃を組み立てる。

状態⑤=後方から攻撃を開始する。 

 

 ここで注意するのは状態はあくまでも相手守備ラインとの位置関係であって、ピッチ上のどこにボールがあるか?では無いことですね。

ボールを持ち相手をゴール前に押し込んでいたとしても、MFラインの前にボールがあれば、状態はまだ④だという事です。

逆に自陣でボールを持っているときでも、上手くカウンターを開始できれば状態③、もしかすると状態②かもしれません。

 

システムが4-4-2じゃなくて4-1-4-1だったら遷移条件はどうすんねん!といま思いつきましたが、それは一端置いときますw

 

次回はは状態遷移図から実際にサッカーで起きている現象について考えてみましょう。

 

 

 

 

”How to Break a Low (5-4-1) Block with (Guardiola’s) Positional Play" グアルディオラによる5-4-1の攻略法 翻訳

 

 

 

 

 

プレミアリーグではマンチェスターシティの圧倒的な攻撃力の前に、5-4-1システムで対抗しようするチームが出てきました。グアルディオラのポジショナルプレーはどのようにして守備の固い5-4-1を破ってきたのか。またポジショニングのバリエーションと解説も合わせて言及されています。

 

 

文章、画像は以下のサイトより引用しています。

spielverlagerung.com

 

以下 本文になります。

続きを読む

自分なりにサッカーの捉え方を考えてみる

夏という事で時間がいつもよりはあるので、自分がサッカーをどんな風に見ているのかを改めて考えてみました。

 

◆自分なりのサッカーの捉え方

自分は試合を観るときには何か特別な理由でも無い限りボールを持っているチームを見ています。これは特に変わったところでも無いと思います。

f:id:tomex-beta:20180815171258p:plain

上の図はサッカーの4局面を示しています。ボールを持つチームを中心に観るという事は、オレンジの矢印をつけた「攻撃」の局面をずっと見ることになります。

 

自分は「攻撃」の局面をさらに細かく分割していました。ソフトウェア開発に状態遷移という手法があります。意識していなかったのですがサッカーでも同じようなやり方を自分は使っていました。

 

◆状態遷移の説明

状態遷移について簡単に触れときます。

f:id:tomex-beta:20180815173531p:plain

この様な図を状態遷移図と呼んできます。

水色の円が「状態」、矢印に付いているのが「遷移条件」です。ある状態から別の状態に変わるために必要なのが遷移条件です。

”みず”を温めると”水蒸気”になり、”みず”を冷やすと”氷”になる。また”水蒸気”を冷やしても”氷”にはならないという事も同時に示しています。

詳しくは状態遷移図だとかオートマトンとかで検索してみてください。もしくはプログラマーになれば理解できると思いますw

 

◆「攻撃」局面の状態遷移図

それでは自分が頭の中に描いている状態遷移図を書いてみましょう。

f:id:tomex-beta:20180816114846p:plain

 

赤い四角で囲っているのが4つの局面です。攻撃の局面をもう一段階こまかくして、5個の状態として分けた形にしています。 それぞれの状態を説明していきます。

 

・①ゴール状態

そのままの意味で得点を取った状態です。攻撃の最終目標です。ゴール状態を1としているのは、目標から逆算して状態を作っていったからです。

・②シュートを狙える状態

フリーでシュートを打てる、キーパーとの一対一、クロスに動きを合わせた、などゴールを決める一歩手前の状態です。

・③シュートチャンスを作り出せる状態

クロスをあげる、前を向いてスルーパスを狙える、など②に至るまでの一歩手前の状態です。

 ・④攻撃を組み立てる状態

ボランチや今どきはサイドバックになると思う。それらのポジションで前向きにボールを受けて、相手守備を崩す行動を本格的に開始しようとする状態になります。

・⑤後方から攻撃を開始する状態

ゴールキーパーやDFラインがボールを持っている状態です。攻撃を始めるというよりは攻撃のための準備をしている状態です。

 

かなり大雑把でふわっとしていますが、試合を見るときに自分の中でこういう基準を作っていました。分析のとっかかりとしては、これくらい抽象的なのが良いのかも。

 

話が長くなってしまいそうなので、いったん区切りをつけます。次回はそれぞれの状態から異なった状態へと移る、遷移条件について書いていきます。