Take it easy

サッカーブログです。

Tactical profile of Maurizio Sarri マウリツィオ・サッリの戦術 翻訳

「Tactical profile of Maurizio Sarri」の翻訳しました。
注意する点として、選手名が多数出てきてポジションを表す代わりに名前を書いていたりします。
本文中にもナポリのフォーメーションと選手名が出てくるのですが

この画像の選手の並びを参考にすると理解しやすいかと思います。

本文、動画の引用元はすべてこのサイトになります。
https://www.esdfanalysis.com/manager-analysis/tactical-profile-maurizio-sarri/
著者のDavid Selini氏に感謝します。


以下本文です。

Since Maurizio Sarri was appointed as head coach of Napoli in the summer of 2015 he’s overseen the transformation of a quite slow and laboured side into the most entertaining team to watch in Europe. This comes after he created a superb footballing side at Empoli where he won promotion to Serie A and then established the club in the top flight with a beautiful style of football. At Empoli and initially at Napoli, Sarri fielded a 4-3-1-2 formation with lots of short passing combinations and very compact positional defending. His current Napoli side plays out of a fluid 4-3-3 and are top scorers of Serie A with 94 goals in the league. This season they finished third behind Juventus and Roma but also recorded their highest ever point total. Here we take a look at his superb team and the style of football Sarri implements.

マウリツィオ・サッリはエンポリで優れたサッカーを作り上げ、チームはセリエA昇格を勝ち取った後に、2015年の夏にナポリの監督に任命されました。それ以来ゆっくりとそして苦労しながら、彼はナポリをヨーロッパで最もおもしろいサッカーをするチームに変えました。エンポリと初期のナポリでサッリは4−3−1−2フォーメーションを使い、ショートパスの連携と非常にコンパクトなポジションニングによる守備を実行しました。現在のナポリでは流動的な4−3−3フォーメーションを使って、セリエAで94ゴールを上げリーグトップスコアラーを記録しています。(注:2017年5月時)今シーズン、ナポリユベントスとローマに続く3位に終わりましたが、過去最高の勝ち点を取りました。ここでサッリが作った優れたチームとそのプレースタイルを見てみましょう。

Formation

As mentioned above, Sarri sets his team up in a 4-3-3 with one holding midfielder, two more attacking central midfielders and three forwards who play narrow to open up space for the full-backs, the left-back Faouzi Ghoulam in particular, to attack. His default eleven for Napoli this season has been:
Reina
Hysaj-Albiol-Koulibaly-Ghoulam
Zielinski-Jorginho-Hamsik
Callejon-Mertens-Insigne

フォーメーション
上記のように、サッリは4−3−3のフォーメーションを使います。一人のアンカー、二人のインサイドハーフ、そして3人のフォワード。
4人のディフェンダーによって狭いスペースを広げます。特に左サイドバックのファウジ・グラムはとても攻撃的です。
今季のナポリのベストメンバーは以下の通りです。
    レイナ
ヒサイ アルビオル キリケシュ グラム
  ジエリニスキ ジョルジーニョ ハムシク
 ガジェホン  メルテンス  インシーニェ

Defending

Positional defending

Sarri strictly uses a positional defending side where the players adjust their positions based on the position of the ball and their teammates. There is minimal space between the respective lines of the team and opponents are forced wide with Napoli shutting down passing lanes centrally. This can be seen in the video below as the team move up, down and sideways in unison.

ディフェンス

ポジショナル ディフェンス
ボールの位置と味方の位置にもとづいて、選手がポジションを調節するポジショナルな守備組織をサッリは作りました。ナポリの作る守備ラインの間のスペースは非常に狭く、中央のレーンにボールを通させません。そのため相手チームは外を回さざるをえません。次の動画1をみると、ナポリの選手達が上下左右に一斉に動いていることが分かると思います。
vimeo.com

As you see, the team is very compact and in this example the opponents, Roma, are forced wide and the Napoli players continually adjust their positions. When one player goes to press, the others cover. The formation when defending deeper becomes 4-5-1 with the wingers dropping into the same line as the central midfielders.

ご覧のようにナポリの守備は非常にコンパクトです。この例では相手チームのローマはナポリの選手達がポジションを常に調整しているので外を回すしかありません。
一人の選手がプレスにいくと、他の選手がカバーに入ります。守備時にはウイングが中盤の選手と同じ位置まで落ちてきてフォーメーションは4−5−1になります。

Pressing in a 4-4-2

Napoli have been very efficient with their high-pressing this season, and when they press high up the pitch they change their shape as either a central midfielder or a winger leaves the midfield line to press alongside the centre forward.

4−4−2でのプレッシング

今シーズンのナポリはハイプレスが非常に効果的でした。センターフォワードと一緒にプレスをかけるために、インサイドハーフかウイングがポジションを離れた時には
彼らのチームの形状を変えています。

In this example a central midfielder moves up with the defensive midfielder then moving into his position. It’s notable how the left winger, Insigne, stays inside to close off the central passing lane instead of going wider and thus blocks the attempted pass.

vimeo.com
この例ではインサイドハーフが動くとアンカーが一緒に動き、ポジションを埋めています。左ウイングのインシーニェはどうでしょう。
中央のレーンを突破されないために内側に絞り、そうすることによってパスを防いでいます。

In this example it’s the right winger, Callejon, who steps up to press. When the high press is unsuccessful, he drops back into midfield to create a five-man midfield line.

vimeo.com
この例では右ウイングのガジェホンがプレスをかけに行っています。プレスが失敗した時には、彼が中盤に戻り5人の中盤ラインを作ります。

And here we see it again firstly with Callejon and then Insigne pushing up to press. Also note how aggressively positioned the full-backs are on either side when Napoli press there to stop an easy escape down the sideline.

vimeo.com
最初にガジェホンがボールに向かい、その後にインシーニェはプレスを掛けるために押し上げています。またナポリがプレスを掛けた時に簡単にサイドラインに逃げられなくするために、サイドバックが積極的になポジション取りをしていることに注意してください。

Counterpressing

Napoli are superb in defensive transition. We’ll touch more on their attacking play below, but due to the immaculately positioned attacking shape they can quickly regain possession when they lose it with a rapid counterpress. In the video below they keep the ball for a long sequence, but when possession is lost they quickly sprint into pressing to win the ball back and start circulating it again. The closest players provide pressure and shut off the ball-carriers passing options.

カウンタープレス

ナポリは守備への切り替えに優れています。ナポリの攻撃面でのプレイについて詳しく触れますが、しかし、攻撃時の形状が安全なポジション取りをすることによって、
ボールを失った時に素早く守備へ切り替えて、再びボール保持することができます。下の動画ではナポリは長いあいだボールを持っています、しかしボールを失った時には彼らは素早くスプリントでプレスを仕掛けてボールを奪い返し、またボール保持を開始します。ボールに一番近い選手がプレスを掛けて、ボール保持者がパスを出すことを防ぎます。
vimeo.com


Attacking

Positional play

Sarri is a strong advocate of positional play, and his way of implementing this style on his team has been fantastic to watch. Napoli constantly looks for the third man when in possession and are second to none in Europe when it comes to playing out of pressure. The players are so comfortable in Sarri’s playing-style that they never panic when pressed and use their quick passing combinations to find a free man to get out of the press.

オフェンス

ポジショナルプレー

サッリはポジショナルプレーを強く打ち出しています。このスタイルを反映させたチームは素晴らしいプレーを見せます。ナポリはポゼッション時には3人目の動きをいつも探しています。プレッシャーを外す事に関してはヨーロッパでは右に出るものはありません。サッリのプレースタイルでは選手達に十分なゆとりがあります。プレスを掛けられても決してパニックを起こすことはなく、素早いパス回しでフリーマンを探してプレスをかわしてしまいます。

They start already from the goalkeeper Pepe Reina who automatically becomes a free man in their build up. The centre-backs split and the full-backs pick up high positions in the build up. The defensive midfielder, Jorginho or Amadou Diawara, drops in between the centre-backs when needed but otherwise tend to position themselves behind the opponents first line of pressure to split the pressing players. If Napoli are shut down centrally, Reina can play a high lofted pass to either of the full-backs to get out of pressure.

ビルドアップはは自然とフリーになれるゴールキーパーのレイナから常に始まります。センターバックは開いてサイドバックは高い位置を取ります。必要であればアンカーであるジョルジーニョ、もしくはアマドゥ・ディアワラがセンターバックの間に落ちます。一方で中盤の選手はプレスを掛けてくる選手を分散させるために、相手の守備ラインの背後にポジションを取る傾向があります。もし中央を封鎖されてしまったらな、レイナはプレッシャーをかわすためにどちらかのサイドバックロビングのパスを出すことができます。
vimeo.com


Here we see a typical example of Napoli playing out from the back with their positional structure superbly allowing this attack to flow.

ここではナポリが後方からプレーを始めた時の典型的な例を見てみましょう。彼らの位置構造によって攻撃が上手くいっています。
vimeo.com


Here, Reina escapes Roma’s man-orientated pressing high up the pitch through his lofted pass to the right-back Elseid Hysaj. A few short passes later and Hamsik has become the free man behind Roma’s midfield line.

ここでレイナはローマの高い位置からのプレスから逃れるために右サイドバックのヒサイにパスを送っています。いくつかの短いパスの後にハムシクはローマの中盤ラインの背後をとってフリーになっています。

Short passing combinations to open up spaces

Sarri wants his team to use quick, short passing combinations to escape pressure in order to open up spaces to attack. This video is a perfect example of this. Hysaj has his back to goal and the opposition comes to press. A series of rapid, short, passing combinations sees Napoli escape the press and open up space for them to progress the attack by stabilising possession in another area of the pitch.

スペースを開けるためにショートパスの連携
攻撃のためのスペースを開けるために素早く、短いパスのコンビネーションを使うことをサッリはチームに要求します。この動画は完璧に実行された例です。
ヒサイは相手のプレスを受けてゴールの方に戻っています。一連の素早く短いパスの連携によりナポリはプレスから逃れ、ピッチの別の領域で安定したボール保持をすることによって、攻撃のために前進するスペースを開けました。
vimeo.com


They are always looking for the third man to escape pressure and progress the play, and they do this superbly.

プレッシャーから逃れて前進するために第三の選手をいつも探しています。そして彼らは上手く実行しています。
vimeo.com

The purpose of third man runs and trying to find the third man is to create a situation where the opposition focuses on the ball-carrier and his closest teammate but forget about the third player making a run they can’t see. When this is concept is applied properly it’s extremely difficult to defend. In the video below we see how effective it can be against opponents who man-mark.

第三の選手が動き出し見つける目的は、ボール保持者とその近くにいる選手に向けて相手チームの視線を集める状況を作ることです。忘れてはならないのが、第三の選手の動きを彼らは見ることが出来ないことです。この一連の流れが適切に実行されると守ることは非常に困難です。動画9ではマンマークをしている相手に対して、どれほど効果があるのか分かると思います。

In this example, Hamsik is marked by his opponent and Napoli manages to create a goal by quickly passing the ball to the other side where the marking player starts ball-watching and Hamsik makes a third man run to get played in behind the defence. Superb football.

vimeo.com
この例ではマークを受けていたハムシクがゴールを生み出した。素早いパス回しでボール逆サイドに動かし、マークしていた選手がボールウオッチャーになると、ハムシクは第三の動きでデフェンスの背後を取った。素晴らしいサッカーをしています。

The goal of these short passing combinations is to manipulate pressure in order to open up the attractive spaces between the defensive and midfield lines of the opposition for Napoli’s players to move into from where they can attack the oppositions defence.

このゴールはショートパスの連携により相手のプレッシャーを操った結果です。相手のディフェンスラインと中盤のラインの間においしいスペースを作るためにナポリの選手は攻撃できる場所に動き出していました。

This video is the perfect example of manipulating a press to open up space behind the midfield line with a series of vertical passes to attract pressure before Insigne gets played into the left half-space with the ball under control.

vimeo.com
この動画は中盤ラインの背後にスペースを作った完璧な例です。一連の縦に出したパスで相手を食いつかせて、インシーネが左のハーフスペースでボールを受けました。

Find the free man between the lines – positional superiority

This is the ultimate goal of Napoli’s positional play and attacking style; get players behind the opposition’s midfield facing the defence and attacking that defence quickly. We’ve seen the short passing combinations they use when trying to create this space and when they get there they’re devastating. When they get players facing the defence they automatically create positional superiority, meaning the attacking players are in control over the defenders as they must react to the position of the ball and the attacker. This is the reason Napoli mostly build up down their left side where left-back Faouzi Ghoulam always keeps a high attacking position to maintain width and Insigne moves into the left half-space to combine with Hamsik. When Insigne or Hamsik face the defence from here, the right-back is in trouble as he must decide whether to stop the pass to Ghoulam down the side or stay centrally. If he stays centrally, Napoli will play the ball wide for a cross and if he goes wide the right centre-back have to step up which vacates a space in behind the defence for Napoli’s centre-forward to exploit. Napoli can manipulate the opposition from this position which is what makes it such an attractive space.

守備ラインの間にフリーマンを探す。位置的優位性

これはナポリのポジショナルプレーと攻撃スタイルの最終目標です。相手中盤の選手の背後をとり素早く攻めることです。このスペースを作るためにナポリがショートパスの連携を使い、そのスペースを使って相手を崩す場面を見てきました。ナポリの選手は守備に対したときにオートマチックに位置的優位性を作ります。これは攻撃側の選手やボールの場所に守備側を対応させてコントロールする事を意味します。ナポリはビルドアップのほとんどが左サイドからになります。左サイドバックのグラムはいつも幅いっぱいに高い位置を取り、インシーニェはハムシクとのコンビで左ハーフスペースに侵入します。インシーニェやハムシクがこの場所でデフェンスと対面した場合、相手右サイドバックは、グラムへのパスを防ぐのかそのまま中央にとどまるのか、難しい選択を迫られ困ってしまいます。もし彼が中央にとどまるなら、ナポリはクロスボールを上げるためにワイドにボールを運びます。そしてもし相手右サイドバックが幅を取ったら、右センターバックの選手は、ナポリセンターフォワードが使おうとしている裏のスペースを開けて前に出なければいけません。このようにナポリは有効なスペースを作るためにポジション取りによって相手チームをコントロールできるのです。

This is a perfect example. Hamsik becomes the free man between the lines to create positional superiority and the defenders push up which sees Dries Mertens attack the space behind them.

vimeo.com
これは完璧な例になります。ハムシクは位置的優位性を作るために守備ラインの間でフリーになっています。そしてディフェンダーが向かってきた所をメルテンスが裏のスペースをついています。

The deployment of Mertens as the centre-forward has seen Napoli’s attacking play improve immensely as he is very comfortable dropping into the space between the lines to create another potential passing option as a free man between the lines.

センターフォワードとして配置されているメルテンスナポリの攻撃を牽引しています。攻撃のオプションとしてフリーマンとしてパスを受けるために、守備ラインの間のスペースに降りることが大変上手いのです。

In the video below we see another exemplary passing move which sees both Insigne and Hamsik find free positions behind European champions Real Madrid’s midfield before unleashing Mertens behind the defence.

動画の中で、また別の種類の典型的なパスの動きが見て取れます。欧州チャンピオンであるレアル・マドリーの中盤の裏で、インシーニェとハムシクはポジションを自由にとり、メルテンスをディフェンスの裏に走り込ませます。
vimeo.com


And another example from their game against Sassuolo, once again highlighting the positioning between the lines and the vertical passing to find these spaces.

別の例としてサッスオーロとの試合を取り上げます。強調したいことは、守備ラインの間にポジション取りをすること、見つけたスペースに縦パスを通すことです。
vimeo.com


There’s a lot of freedom in the way Sarri allows his players to move when it comes to finding these positions. If players stand still in these positions centrally or in either half-space then they will be easily picked up and defended but if they are constantly moving, it will be almost impossible to stop them.

Below we see how Hamsik and Mertens change positions in the build up play, just a quick example of the freedom the players can move with within Sarri’s system.

サッリのやり方では、これらのポジションを見つけ出すために選手たちに許されているたくさんの自由があります。中央もしくはどちらかのハーフスペースにポジションで選手がただ立ち止まっているなら守備側は簡単に捕まえられて守ることができます。けれどもし彼らが常に動いていたらな、守備側がとめることはほとんど不可能でしょう。

次の動画はビルドアップでハムシクメルテンスがどのようにポジションを変えているかが分かります。選手たちがサッリのシステムの中で自由に動いている例です。
vimeo.com


In the video below, we see an attack against a deep defence where Napoli quickly move the ball to finally find the free space between the lines from where to attack. Note the constant movement from each player to make themselves available for passes and to find the best possible space.

次の動画では、最終的に守備ライン間のスペースでフリーになる選手を見つけるために、ナポリがボールを素早く動かす事によって守備を押し込んで攻撃している事がわかります。
vimeo.com


When the space appears, it goes very fast. Once again, always looking for the third man and we can clearly see Napoli’s possession structure with Ghoulam pushed high down the left, Insigne coming into the left half-space while Hysaj stays deeper on the right due to Callejon’s wider position.

スペースが現れた時には素早く前進します。もう一度述べると、ナポリは常に第三の動きを探していて、ナポリのボール保持の構造は明らかで、グラムが左サイドを高く押し上げ、右サイドに幅をとるガジェホンによって、ヒサイは深さをつくりインシーニェは左のハーフスペースに入り込みます。

Signature moves – Ghoulam cross and Insigne to Callejon

Sarri is a very methodical coach, and he’s installed a few signature moves within Napoli’s attacking play. I’ve already touched on the first one which comes from Napoli’s excellent use of the left half-space. With Insigne moving into this zone and the nearby positioning of Hamsik, Napoli often manages to overload this area in order to unleash Ghoulam down the left wing. The Algerian left-back then delivers perfectly weighted low crosses aimed behind the opponent’s defensive line where Mertens are looking to pounce.

記号化された動き。 グラム インシーニェとガジェホン
サッリは非常に体系化された教え方をします。彼はナポリの攻撃にいくつかの記号化された動きを仕込んでいます。私はすでにナポリの左ハーフスペースの有効的な使い方について触れてきました。インシーニェがこのゾーンに動くと共にハムシクは近くにポジション取りをします。グラムに対してマークをさせないために、このハーフスペースに人数を掛けることがよくあります。このアルジェリア人の左サイドバックは、メルテンスが狙っている相手ディフェンスの裏に低いクロスを上げることにプレーの比重を置いています。
vimeo.com
vimeo.com
vimeo.com

The last video is probably the perfect example with Insigne and Mertens overloading the left half-space to open up the space wide for Ghoulam.

最後の動画は完璧な例でしょう。インシーニェとメルテンスが左ハーフスペースに集まり、ワイドに開いているグラムのためにスペースを開けています。

Another signature move is when Insigne comes inside with the ball and plays a diagonal cross towards the back post where Callejon attacks the ball. We see this in the following videos.

また別の記号化した動きは、インシーニェが中に入りボールを受けた時に、ボールに突進するガジェホンに向けてファーポストに斜めのクロスをあげます。次の動画でこの様子が分かります。
vimeo.com
vimeo.com


This is extremely effective since every defender will be looking at the ball-carrier Insigne. This means Callejon can make a penetrating blind side (out of the defenders immediate vision) run. This concept is also used by Napoli with other players, like this goal from Hamsik illustrates where every defender is watching the ball and loses Hamsik’s blind side run.

この動きは、ボールを持つインシーニェに目を引きつけられるので、どんなディフェンダーであっても非常に効果的です。
ガジェホンは相手のブラインドサイド(ディフェンダーが見えていない側)から斜めに走り込む事が出来ることを意味しています。
この動きはナポリの他の選手も使っています。ハムシクのこのゴールの様に、どのディフェンダーもボールを見てしまうとブラインドサイドから走り込むハムシクを見失ってしまうのです。
vimeo.com


While not exactly a signature move, Napoli look to create their shots from low crosses more than anything. The reasons are simple, a low cross/pass is easier to finish as the ball is played on the ground and can often be finished using only one touch which gives the goalkeeper less time to react. As we’ve seen, these crosses can come from the wing but also from cutbacks or layoffs to improve the chances of the shot resulting in a goal. Look at these goals below and you’ll understand what I mean as this is definitely something Sarri works at.

厳密には記号化された動きではないのですが、ナポリはどの位置からでも低いクロスからのシュートを狙っているように見えます。理由は単純で、低いクロス/パスはボールが地面についているのでシュートしやすいからです。そしてゴールキーパーが反応する時間を与えないワンタッチでのシュートが出来る事が時々あるからです。これまで見てきたように、ウイングからクロスは送られますが、カットバック*1レイオフ*2の動きもゴールにつながるシュートに効果的です。次のゴールシーンをみると、間違いなくサッリがデザインした動きであることを理解できると思います。

vimeo.com
vimeo.com
vimeo.com
vimeo.com

Counter-attacking

While Napoli are one of the most possession-based teams in Europe, they are also extremely dangerous on the counter-attack. The physical profile of their three attackers Callejon, Mertens and Insigne with their pace, their understanding of when to run in behind the defence and their telepathic combination play are the main reasons behind their effectiveness on the counter. When defending deeper, huge spaces to attack appear, Napoli unleash their front three with a quick vertical pass and from there the counter moves like a Frecciarossa high-speed train. Enjoy.

カウンターアタック
ナポリは欧州の中でも最もポゼッションを軸に置いたチームの一つです。また、極めて強力なカウンターアタックを持つチームでもあります。

3人のアタッカー、ガジェホン、メルテンス、インシーニェは足並みを揃えて、ディフェンスの裏へいつ走るのかを理解していますし、彼らの効果的なカウンターの裏には意思統一されたコンビネーションプレーがあります。ナポリがより深く守る場合には、攻撃のための巨大なスペースが現れます。ナポリは前線三人を解き放ち、素早く縦パスを送り、フレチャロッサ高速鉄道の様にカウンターを仕掛けます。

vimeo.com
vimeo.com
vimeo.com


Conclusion

Maurizio Sarri has created the most entertaining team in Europe with a clear identity and a style that is appreciated across the continent. His team play a quick, vertical style of positional play which is very difficult to defend against and with players like Mertens, Insigne, Hamsik and Callejon thriving under his tutelage his work is very impressive. With the young players such as Marko Rog, Amadou Diawara, Arkadiusz Milik and Zielinski signed recently, Sarri can really build something special at San Paolo if he stays for a long time. With the right investment in the summer the Scudetto will be the goal for next season and with the development and improvement we’ve seen in Napoli’s performances this season then Napoli looks the club most likely to break Juventus’ dominance of Italian football.

結論
マウリツィオ・サッリは欧州の中でも、明確な特徴とスタイルを持ち、ヨーロッパ全体で評価される面白いチームを作りました。彼のチームのポジショナルプレーによる縦に素早いプレーに対抗するのは困難です。メルテンス、インシーニェ、ハムシク、ガジェホンの様な選手はサッリの指導により開花したことは印象に残ります。最近契約したマルコ・ログ、アマドゥ・ディアワラ、アルカディウシュ・ミリク、ジエリンスキといった若手選手と契約しました。サッリが長い期間チームに残るならサン・パオロの様な特別な何かを本当に作り上げることが出来るでしょう。今シーズン見られたナポリのパフォーマンスを発展、改良するため、
夏に適切な投資をすれば来シーズンにはスクデットにたどり着くでしょう。ナポリはイタリアサッカー界の盟主であるユベントスを倒す可能性の最も高いクラブです。

*1:相手を避けて進路を変えること

*2:後方から来る選手にボールを落とす技術