Take it easy

サッカーブログです。

Juego de Posición – A short explanation ”Juego de Posicion”の簡単な解説 翻訳

今回取り上げる記事は”Juego de Posicion”。

これはスペインの用語ですが、日本語に訳すると”ポジションのゲーム”つまり最近流行りのポジショナルプレーの元になった言葉です。

内容は”短い解説”とあるように簡単な説明です。

 

本文、画像は全て以下のサイトからの引用です。

spielverlagerung.com

spielverlagerung は雑誌で取り上げられる程の有名な

ドイツのサッカー戦術サイトです。

現役の指導者が執筆している事もあり、文章の質は大変高く評価されています。

 

 

以下 本文になります。

 

 

Juego de Posición – A short explanation

“Juego de Posicion” is a widely unknown concept in Austria and Germany. To coaches in Spain and the Netherlands it is a philosophical ideal that few know how to coach. In German-speaking countries, however, “Positionsspiel” has a different, more simple definition that loses many of the important aspects. But, more importantly, what is “Juego de Posicion”?

 

”Juego de Posicion”の簡単な解説

"Juego de Posicion"はオーストリーやドイツでは余り知られていない考え方です。スペインとオランダでは、指導方法を知っているコーチが極少数いるという哲学的理想です。ドイツ語圏の国で使われている“Positionsspiel”という用語では、定義を単純化してしてまい多くの重要な要素が抜け落ちてしまっています。 それならは”Juego de Posicion”の重要な要素とは何なのでしょう?

An Offensive Concept

Juego de Posicion comes down to giving the offense a set of guidelines to play within a structured scheme. The playing field is divided into specific zones with four vertical lines and some horizontal lines. Here is an example from Pep Guardiola and FC Bayern’s Säbener Straße:

 

 

Guardiola's pitch

Guardiola’s pitch

The players will have specific tasks and responsibilities within these zones depending on the phase of the game. The unique thing about this concept is that the options are predetermined by the position of the ball. If the ball is on the left wing at midfield, then the zones that must be occupied are entirely different than when the ball is on the right half of your own 18 yard box. The team must use continuous ball-oriented shifts when in possession. These shifts must be coordinated to give the team as many passing options and running lanes as possible while simultaneously causing the opposition problems. Short passes, switched balls, and the rotation of the ball’s position are all important tools that are defined by the complex positional tasks assigned to the players.

”Juego de Posicion”という用語の由来は、構造化された計画に沿ったプレーのために設定されるガイドラインから来ています。フィールドは4つの縦線と幾つかの横線で分割されて区域が決められます。グアルディオラバイエルンで行なった例がこの画像です。

 Guardiola's pitch

グアルディオラが用いたピッチ

試合の局面によってゾーン内での役割と責任を選手たちは与えられます。このコンセプトの独特な所は、ボールの位置によってプレーの選択肢があらかじめ決められている事です。ボールが中盤左サイドにあるときにポジションを取らなければいけないゾーンは、ボールが自分の18ヤードボックスの右半分にあるときとは全く異なります。ボール保持しているときには、チーム全体でボールの位置に従ってポジションを修正し続けるべきです。ポジションの修正とは、味方チームには多くのパスコースや走り込むレーンを作り出し、同時に相手チームに問題を引き起こすために行わなければなりません。ショートパス、サイドチェンジ、ボール保持による循環といったプレーは全て重要なツールであり、選手たちに与えられる複雑な役割によって定義されます。

 

Is it dogmatic?

Is this how Guardiola's pitch always looks like?

Is this how Guardiola’s pitch always looks like?

This basic idea is used by Louis van Gaal who is also accused of being highly dogmatic and using a rigid system. However, this misses the point. The goal of “Juego de Posicion” (or “Positiespel”) is that the zones and the tasks within them are flexible and can be occupied and used by different players. There are usually problems in the implementation in training or the adjustment and understanding of the players. Rigid positions and an extremely dogmatic style are created specifically for when the players don’t know when to leave their positions or aren’t confident in the other positions.

There are also guidelines for this. Triangles should be formed in order to maintain short passing combinations. The ball carrier should have two or, ideally, three passing options (in diamond rather than triangle shapes) nearby. Further passing options extend from these shapes and should arise throughout the team in an organized and connected manner. The triangles emerge from the fact that no more than three players may be in a line horizontally and no more than two players in a line vertically. If a player moves onto the same line as another player in order to offer himself for a pass, the other must switch to another line.

By doing so, you can pass around the opponent or draw him in and then shift. At Bayern, you can see this on the wing; if Robben hugs the touchline, then the full-back indents or pushes inward. However, if the full-back pushes to the wing, then the winger moves towards the half-space. This ensures the nearest eight or the defender at the back always have two passing options.

The pass patterns, the formation and the tasks of the ball carrier and the players near the ball depends on the playing philosophy of the coach. Thus, in addition to the positions occupied and the short passes, the possession and rotation of the ball is crucial. This can also lead to dogmatism.

独断的なのか?
基本的なアイデアファンハールによるものです。彼は非常に独断的で厳格なシステムを使うと非難されていました。けれどもそれは誤りです。”Juego de Posicion”の目的は選手の質の違いによってゾーンやや役割を柔軟に対応させる事です。トレーニングを実施すると、選手達の理解や対応において大抵は問題が起こるものです。厳格なポジションと非常に独断的なスタイルが用いられるのは、プレイヤーがいつポジションから離れるか分かなかったり、他のポジションでのプレーに自信がない場合です。

Is this how Guardiola's pitch always looks like?

グアルディオラはいつもこのようなピッチを使うのか?


このためのガイドラインもあります。トライアングルとはショートパスの連携のために形成されます。ボール保持者には2つ、理想的には3つのパスコース(3角形よりもひし形が望ましい)がすぐ側にあるべきなのです。これらの形状から拡張された時に多くのパスコースが発生します。チーム全体で組織化されて、つながりを持つことで現れます。三角形は水平のラインに1人、垂直のラインに2人いる事で形作られます。1人の選手が別の選手と同じ線に移動したなら、他の選手は別の線に移動しなければいけません。


そうすることで相手の周りでパスを回したり、食いつかせることができます。この様子をバイエルンではサイドでみることができます。もしロッベンがサイドに張っているなら、サイドバックは内側に入り込みます。けれどもサイドバックがウイングの位置まで押し上げていたら、ウイングの選手はハーフスペースに移動します。この動きにより近くの8番選手やDFラインの選手は常に2つのパスコースが確保されます。


パス回しのパターン、フォーメーション、ボール保持者やボール近くの選手の役割などは監督のプレー哲学によって決まります。それに加えて、ポジション取りやショートパス、ボール保持による循環が重要になります。これは監督による独断主義になる可能性があります。

 

 

Possession as a tool: Possession is not a philosophy

The fundamental reason behind the high possession percentage of “Juego de Posicion” is that the rotation of the ball is a tool to outplay and open the opposition. You allow the opponent to shift, lure him in, and open specific spaces or play through balls to win space. “Dominating possession” is not just a Spanish or Dutch playing philosophy, but a tool of “Juego de Posicion.”

Could a grid also look like this?

Could a grid also look like this?

It is not an end in itself but is designed to move the opponent so that you can get through them with your attacks. Only if that doesn’t work are you allowed to circulate the ball for a moment without attempting to attack. You regroup, take shape around the opposition and try again. However, there is also a perversion of this idea that causes a lot of criticism.

 

 

 

  

 

 

 

 

ツールとしてのポゼッション:ポゼッションは哲学ではない。

“Juego de Posicion.”による高いボール保持率の背景には理由があります。ボールを循環させることが相手を広げて隙を生み出す手段だからです。相手を動かしたり、誘い出したり、スペースを開けさせたり、スペースを使ったりできるのです。”Dominating possession(ボール保持によるゲーム支配)”はスペインやオランダのプレー哲学ではありません。あくまでも”Juego de Posicion.”のための手段なのです。

 

相手を動かすように設計されていますがそれだけでは無く、相手を突破することができます。もしうまくいかないのであれば、攻撃せずにしばらくボールを回す事が出来ます。そうして体制を立て直して再び攻撃を試みるのです。しかしこのアイデアは婉曲されて多数の批判を浴びることもあります。

 Could a grid also look like this?

グリッドがこの様に見えますか?

 

Possessions as a Philosophy and the resulting misunderstanding of Spain’s Tikinaccio

If possession alone is the philosophy, then there are problems. The Spanish national team under Del Bosque has not implemented “Juego de Posicion” yet the Spaniards have always enjoyed a lot of possession. This was primarily used in 2010 and 2012 as a defensive method. This “Tiki taka” does not reflect the basic intent of “Juego de Posicion” and can be practiced without even using positional play.

Teams that use tiquitaca are often susceptible to having a lot of ineffective possession. This is not a tactical method but a consequence of lacking effective positional play. It will be difficult to generate attacks, requiring you to restart your buildup over and over again, and in doing so become sluggish, which leads to absurd possession numbers.

This should not, however, lead to criticism of positional play itself. It is a neutral concept that has many advantages and does not follow a particular philosophy.

 哲学としてのボール保持と結果として誤解されたスペインのティキタカ

ボール保持だけを哲学としてしまうのは問題があります。デルボスケが指揮したスペイン代表チームで選手達は長時間のボール保持を楽しんでいるようでしたが “Juego de Posicion” を身に着けていませんでした。これは2010年と2012年に主に守備的な手法として使われていました。この「Tiki taka」は、「Juego de Posicion」の基本的意図を反映しておらず、ポジショナルプレーを使用しなくても実行できるのです。

”ティキタカ”を採用するチームはしばしば効果的でないボールポゼッションをする可能性が出てきます。これは戦術的ではなく効果的なポジショナルプレーが欠如した結果です。攻撃を組み立てる事は難しく、何度も何度もビルドアップをやり直す必要があります。それが低調であると無意味なボール保持の時間は増えていきます。

しかしポジショナルプレー自体への批判につなげるべきではありません。多くの利点を持ち、特定のプレー哲学には属さない中立的なコンセプトなのです。

 

Conclusion

As you can see, Juego de Posicion is an interesting offensive concept which is often neglected in many other countries. Every coach has his own mechanisms and can install his own patterns into the structure. The basic ideas can also be used on defense. Roger Schmidt uses similar zones to Pep Guardiola to serve as landmarks for his team’s defensive work.

Schmidt's pitch

Schmidt’s pitch

Coaching this style is complex. The trainer must be aware of the impact of the ball’s position on the structure of the game and know the characteristics of his players in order to design the formation, processes, and tasks; not to mention how he will coach them. A coach has several tools for training the concept including verbal coaching, using lines painted on the field as landmarks, designing situational exercises, and creating  training games.

 

まとめ

ここまで見てきたとおり”Juego de Posicion”は他の多くの国では注目されていない興味深い攻撃のコンセプトです。自身の仕組みをもつどんな監督でもチーム構造に取り入れる事ができます。基礎となる考え方は守備にも適用できます。ロジャー・シュミットはグアルディオラと同じ様なゾーンを使って、チームの守備構造に指針を与えています。

Schmidt's pitch

ロジャーシュミットの用いたピッチ

このスタイルを指導するのは困難です。指導者はボールの位置がゲームの構造に及ぼす影響を認識し、無論それを教え込むだけではなく、フォーメーション、プロセス、役割を設計するために選手達の特性を理解していなければいけません。口頭によるコーチング、目印としてフィールドに描かれた線、状況の再現、トレーニングゲームなど、”Juego de Posicion”の概念を訓練するためのツールはいくつかあります。